2016年9月

忘れられない味

随分秋めいてきたなと思ったら東京は急に30度近くまで気温上昇!
間もなく10月になろうとしている今日、
真夏のような格好(かなりカラフル)で恵比寿を歩いてたらちょっと浮いてたキノコです。

 

 

みなさんには忘れられない味ってありますか?

単純に美味しさに感動することもあれば
すごく不味くて忘れられない苦い思い出…
みたいなものもあるかもしれません。

美味しいにこしたことはないけれど
その時の状況、心境、誰と食べるかが
本当の味の決め手になる、ということは
以前書いたことがあったと思います。

先日、そんな体験をしてきたのが写真の「つるとんたん」といううどん屋さん。

 

160928

私が食べたのは明太子と卵のあんかけうどん。
確か1600円ぐらいしたかと!!
高い!!!(汗)
でも納得の美味しさ&クオリティーでした。

なかなか東京ではこの出汁のうどんは味わえない。
とても丁寧に作られた1杯は、写真では伝わりにくいかと思いますが
超巨大な器に入って運ばれてきます!!
思わず「デカッ!!!」と声に出てしまうサイズ。

他にもきつね等の王道系、クリーム系、カレー系、ざる系、変わり種系、限定ものなど
うどんだけでものすごく種類がありました。
どれもすごく美味しそうで…ちゃんぽんうどんとも迷ったんですよね。

 

この日は今まで自分がやってきたキャリアの中で
1番大きな仕事がひとつ無事に終わった日でした。
今までやってきたことの集大成とでも言いましょうか…。
何より嬉しかったのは、
それを「いつか一緒に仕事がしたい」と思ってたメンバーと一緒に
最高のものに仕上げることが出来たということ。
これに尽きます。

その後で食べに行ったうどんだったので
味も感慨深かった…というわけですね。
またひとつ思い出の味が増えました。

 

 

うどんと言えば、これも忘れられない味!!

160928_1

「四国屋」といううどん屋さん。

これはちょうど11年前に当時お世話になっていた松原憲さんに
連れて行ってもらったお店なんですね。
レコデーィング終わった後にみんなで行こう!ということになり。
その時は緊張で味なんて覚えてなかったんですが
11年経って自分のお金でまた食べに来れたことが
なんだか嬉しかったなぁ。
もちろん味は抜群に美味しかった!!
盛りがすごくて驚いたけど(汗)

 

どれもとても良い思い出。
そして自分の成長と今の立ち位置を確認できる味。

 

食欲の秋、みなさんも美味しいものを大好きな誰かと楽しんでくださいね!

 

 

キノコ



尽きることなき追求心

160924_1

よし、今から行こう!

とアフロが言い出したのは9月22日の21時頃。
どこに、何をしに行くのかと申しますと
スタジオフォレスタにお邪魔して
地下のスタジオでIRを録るというもの…。

うん、専門用語なのでミュージシャンにしか意味が分からないと思いますが
アンプの音を吸い取る…っていうか。
周波数の特性や残響音などをマイクで拾ってデータ化しちゃうってことですね。

これをすることによって
家でギターを弾いたらアンプで出した音が再現できるということ。
よりリアルに欲しい音に近づけるということですね。
いや~どえらい時代になったもんです。
はじめ、「何を言ってるんだ?」と思いましたもん(苦笑)

 

それよりなにより「は?」と思ったのが
そんな時間からスタジオに行ってその作業をするということ。

普段で考えると通常営業時間内ではありますが
問題はそこではなくて…。

実はその直前にスタジオで10時間以上の仕事をし
それが夕方から次の日の朝まで
それが3日間続いたという
あきらかに疲労困憊じゃないの?って言いたくなる状況だったわけです。

でも現在製作中のアレンジ曲がどうしてもその音を必要としてるということで
家中の機材をバラしてレンタカーに積み込んでスタジオへ!!

 

モノ作りは良くしたい、カッコいいものにしたい、質を上げたいという欲が必要ですが
アフロ先生のひとつのことにこだわったらとことん追求ってのが
今も昔も変わらないスターーーーーイル!!

「欲しい音がある」「出したい音がある」

そのために深夜3時半ぐらいまでお供しましたよ。

 

 

ドーーーーーンブーーーーーンクィーーーーーーンピーーーーーンキーーーーーーン

 

 

地響きする低音から宇宙の果てまで行ってしまいそうな高音まで一気に録音。
それを様々な微調整を経て何度も録音。

キノコはただそれを見守り、待ってるだけ。
もう途中眠くて眠くて。

 

 

160924_2

あまりに暇だったので中西ランド(プロレスラー中西学の番組)を観たり
ベースを弾いてたりしてたんですが
スタジオの背景がステキだったので
これは棚橋弘至選手のようにタイマーで自撮りして遊んでみようと思い…。

撮ったのがこれなんですね( ´∀`)

3テイクぐらい撮って
姿勢が悪いとか顔の角度が違うとかでチョイスしたものです。
Twitterに載せたらいっぱい「いいね」もらったのでちょっとビックリ。

ポイントはやはりEVILのTシャツですね!!
黒に紫、間違いない!!!( ゚∀゚ )
ツートンキノコも良い感じだ。

 

とこれを書いている今、
アフロ先生は夜通し録った音でギターとベースを弾いている最中です。

たしかに音がいい!!!かっこいい!!

仕上がりが楽しみですな~♪

 

 

キノコ



スタートライン!

160921

19日、朝からどんより曇り空。
午後からは予報通りの雨。
でも心は晴れ模様。

 

この日、教え子たちが卒業式を迎えました。
2年間、または半年間担当してきましたが
どの授業も、どの瞬間もすごく濃かったな~と。
教え尽くした、なんてことはなくて
もっとためになること他にもあったかもな…
なんて、卒業式の度に思い返しちゃいます。
でも後は自分で飛び出して、身をもって体験して
失敗して学んで、自分の足で歩いて…の繰り返し。
何事も経験です。

これからの出会いを大切にして
やりたいことに全力投球で頑張ってって欲しい。

迷わず行けよ、行けば分かるさ!!

 

 

 

卒業式の後は謝恩会まで時間があったので講師陣と呑み、
15時から謝恩会で3時間呑んで、
18時半からまた3時間別の謝恩会で呑んで…

とは言ってもお酒に弱い私は4杯しか呑んでないにも関わらず
もうアルコール摂取量を超えておりました。
帰りがしんどかった(;´Д`)
頭痛いし、新しいヒール履いてったら靴ずれするし。

でも終始ほっぺたが痛くなるほど笑いっぱなしで
楽しい1日を過ごせました。

みなさんご馳走様でした!!!

卒業おめでとう!!

 

 

キノコ

 

 



2年分のありがとう

160917

秋入学の学生が1年、または2年の在籍を終えてまもなく卒業します。

卒業式は明後日なのですが、その前に卒業公演(ライブ)が行われました。
場所は渋谷のTHE GAME。

歌はもちろん、演出も構成もすごくよく考えられていて素晴らしいステージでした。
ほんと、お世辞抜きに。

何が良かったかって出演メンバー26人の一体感と
その想いが巻き起こした渦の熱量。
お客さんと一緒になって作り上げたあの空間は
今でも思いだしたらジーンとしちゃいます。

ステージからの景色は最高だっただろうなと。

 

 

1年コースの学生は半年だけ、主に作詞や業界のことを学ぶ座学を担当。
2年コースの学生はほぼ2年間、座学も歌も曲作りもトータルで見てきました。
特にその2年制の子たちはちょっと色々あって
1年目から波乱万丈な学校生活を送っていました。
そんな中「藤本先生の授業が受けたい」と名指しで教務に訴えてくれたことが嬉しくて、
でも実際に彼らと向き合ってみたら元気ないし意気消沈だし。あれれ…。
これは何とかしなければ!!という義務感みたいなのが勝手に湧き上がりまして。

とにかく楽しいと思える授業!!
そして出来るだけ一人ひとりと向き合って良いとこを伸ばしてあげたい。
そんな授業を心がけ、約2年の日々を一緒に過ごしてきました。

曲が書けなかった、満足にパフォーマンスが出来なかった、
歌で自分を伝えるなんて出来なかった子たちが
感謝の気持ちを持って、自分らしく、堂々と歌っている姿は
もうキラキラと輝きを放っておりました。
これまでの日々が走馬灯のように脳内を駆け巡り
親心フィルターが発動しまして
恥ずかしながら1曲目から号泣です。゚(゚´Д`゚)゚。
隣で見てた在学生に「先生、大丈夫ですか~!?(焦)」と心配かけたり
ステージ上の子と目があって思わずもらい泣きさせてしまうとこだったり
…いや~前から2列目にいたんで、もうちょっと後ろで端っこで見てれば良かったですわ。(苦笑)

 

 

思い入れが大きいほど、それだけ感情移入しちゃいます。
頑張った課程や成長度が見えるからこうして感動するわけで
でもこれからはアーティストとして一人で戦っていかなきゃならないことを考えると
商品価値(ちょっとゲスな言い方ですが)がある歌やステージを自力で継続していかなきゃならんわけで、
この卒業ライブはご褒美的な通過点、
ここからが本当に大事な日々になっていくことを忘れないで欲しいです。

とは言え、1年分の、2年分の気持ち、しかと受け取らせていただきました。
余りあるぐらいですが一つもこぼさず受け取ったので
この感動を力に変えて、またキノコ先生頑張っていきます!!

 

 

いや~しかし若いってすごい。
1年や2年で人ってこんなに成長できるんだなと思い知らされます。
まぁ私のこの1年の成長っぷりもなかなかのもんですよ、と自分で言っちゃうけど。(汗)
明らかに去年と景色が変わってきています。
怠らず、驕らず、ひとつひとつ丁寧に、愛と自信を持って。

 

 

みんな、涙と笑いにあふれた最高の夜をありがとう!

 

 

キノコ

 



スクワット1000回分の気持ち

160909

小野大輔さんの武道館コンサート、Blu-rayとDVDが届きました。
締め切りの都合上どうしても時間が取れないので
でもでもせめて観たいシーンだけでもってことで
オープニングからのパノラマミラーツアーと
teardropsと
カラフルレンズだけ観ました。

会場で観た時とはまた違った感動がありましたが
いや~もう口を開けばスゴイしか出てこない!!
歌はもちろん、演出が本当にサイコーです。

後でじっくり楽しませていただきます。

 

とブログを書いている今、久々の徹夜明けです。
先月もほぼ2日間徹夜みたいなことがありましたが
今週も結構なスケジュール。
1週間で3曲は未知の領域ですね。
さっき2曲終わった(納品した)ので、
明日〆の1曲にまたこれからとりかかります。

アフロもレコーディングでスタジオに缶詰な日が続き
帰ってきてアレンジやってまたスタジオ行って…。
私は講師業があるのでレッスンやって帰ってきて曲作って歌詞書いて…。
と、二人してフル稼働でした。

なんとか今週も無事に終われそうです。
でもまた週明けに次の締め切りがあるけどーー!!!

 

こうして仕事をいただける今に本当に感謝しかないんですが
それと同じぐらい驚いているのが
作品の上がりを見てクオリティの向上を感じるということ。
また以前だったらこなせなかったであろうスケジュール感も
締め切りを落とすことなくちゃんと仕上げられているということ。

正直もう少しスピードはあげたい。
体や先々の効率を考えると徹夜はしたくないですし。
でもちゃんと力がついてるな~と
自分の作品にそれを感じられることにちょっと感慨深くなってみたり。

 

好きな言葉に「継続は力なり」がありますが
まさにその言葉どおりの人生を歩んでるなと実感してます。

そしてもうひとつ自分の心の支えになってる言葉があってですね、
それをプロレス的に例えさせてもらうと(苦笑)
「スクワット1000回、腕立て1000回分」の気持ちで
仕事に取り組むってこと。

一般人じゃムリですよ、スクワットも腕立ても。
でもレスラーは超人でなければならない。
それだけの量をこなしてのあの体、あの試合、あの熱狂。
それを毎日毎日続けつづけるからこそ感動や勇気を与えられるわけです。

 

モノ創りも同じ。
たった一言、1フレーズにも妥協をしない。
どうしたらもっと良くなるか、どうしたらもっと面白くなるか。
絞って絞ってもう出ないだろうと思って出た最後の一滴が
ものすごく美味しかったりするものです。
そしてその過程をとてもしんどいけれど、楽しいと思える。
それが続けられる秘訣なんだと思います。
気づけば私も超人(!?)になってるのかしら?(笑)

 

不摂生と運動不足が否めませんが
歌の仕事も色々と頂いてるので体調管理はしっかりと。

さぁまだまだモノ創りの旅は続く!!

 

 

キノコ



アーカイブ

Top