2016年6月

ニャンダフル~(ΦωΦ)

アフロ&キノコメンテで高円寺へ。

キノコカットを先に終えて
アフロがパーマしてる間に私は高円寺を散策♪

 

高円寺は古着屋さんや雑貨屋さんが多くて
住みたい街ナンバーワンなのです!
去年すごく良い物件を見つけたのですが
あっという間に埋まってしまい
また出物がないかな~と探してはいるものの
なかなか理想の物件に出会わず。

 

そんな高円寺で、今日は最高の癒やしスポットに出会いました。

沢山の猫と触れ合える里親募集型猫カフェ、「猫の家」です!

160624_1

抱っこNGと説明を受けましたが
猫ちゃんの方から登ってくる分にはOKということで
入店するなり早速ウェルカムサービスを受けました!!

にゃんて人懐っこい猫にゃんだ!!!(ΦωΦ)

 

 

160624_2

後ろでは服の裾を占拠されていました。
う、う、動けんではにゃいか!!(嬉)

 

 

 

160624_3

するとむくっと起きてきて、
撫でろと言わんばかりに
隣でじーーーっと座ってる。

では一緒に記念撮影を。

 

 

160624_4

こんなモフモフちゃんも居ますよ!

白い手袋に靴下模様が最高ですー♪
マスクマンみたいだ。超美猫。
でもこの子は擦り寄ってくることなく…(泣)

 

 

 

すると次はロシアンブルーが私の足を占拠。
160624_5

撫でろと言わんばかりにゴロゴロ。

しばらくすると体をよじ登ってきましたよ!!(写真ない!)
どうやらかなり甘えん坊のようです。
あんなに猫に求められたのは初めて♥
ずっきゅーんでした。

 

 

 

 

160624_6

その後はまた次の猫が…。

なになに!!ここの猫はどうなってるの?
こんなに懐かれたの初めてなんですけど!

モテ期到来か!!?

 

 

 

160624_7

もうすっかり心を許してくれてます。
終始ゴロゴロ。

あああ、持って帰りたい。

 

 

160624_8

起き上がったから逃げるかなと思ったら
体勢を変えて今度は私の右手をロック!!

 

。・゚・(ノ∀`)・゚・。もう、うちの子になるかい?

 

 

後ろ髪を引かれつつも、しぶしぶ1時間でお会計。
するとこの子がついてきて足元で小さく何度も鳴くんですよ。

( ;∀;)にゃーーーーーーーーーーーー!!!

 

 

また来るからね。必ず来るからね。
でも、どこかの心優しい誰かに引き取ってもらって
幸せに暮らすことを願っているよ。

 

ちなみに実況中継でアフロに次々に写真を送りつけました。
案の定羨ましがってたので近々また行くかと。

 

猫カフェでお仕事モードの猫ちゃんたちじゃ物足りない人は
ぜひ高円寺の「猫の家」へ!
ちなみに入店には色々と条件があるので
猫ちゃんたちのためにルールを守って愛を持って接してくださいね。

 

 

キノコ



チャーーーージ!!!

160616_4

先週スタジオの帰りに、久々に(アフロ以外の)人と食事をしました。

ここは六本木にあるチャイナエイト。
北京ダックが3000円以下で食べれるのです。
2人だととてもじゃないけど食べきれない量が出てきます。
めちゃくちゃお得なのです!!

話題は結婚生活とか結婚に至るまでどうだったとか…
なぜかそんな話(笑)

 
その後はヒルズの展望台で開催中のセーラームーン展へ。

 

160616_5

私が中学校ぐらいの時かな。
実はかなり夢中で観てたんですが
ちびうさが出てきた辺りからもう分からないかも。

にしても展望台がなんとも幻想的で急にテンションあがりました!!
こりゃ昼間より絶対夜がオススメですよ。

 

 

160616_6

このアングル、最高過ぎ!!!

 

 

160616_7

そういえば、結婚式の時に迷わずエンパイアドレスを選んだなーと
このドレスを見て思い出しました。
もしかしたらこの頃の憧れがずっと私の中にあったのかな。
今こうして見ても素敵です。
となりはタキシードアフロだったけど…。

 

 

これは先日近所のビール工房にて。

160616_3

基本そんなに飲めないんですが、たまに無性にビールが飲みたくなる!!

ちょうど駒沢でビールフェスやってて
SNSは関係者や仲間が呑んでる呑んでる!
うらやましー!!

この日精神的に疲れ果ててしまいまして
呑まんとやってられるかー!!状態。(珍しい)

ミュージシャン友達を連れてったらすごく気に入ったようで
アップルビアおかわりしてました。
そうでしょそうでしょ。ここのは本当に美味しいんだ。

 

 

 

これは昨日届いた父特性の野菜たち。

160616_1

趣味で作ってるとはいえ毎年クオリティ上がってます。
無農薬なので立派な虫さんも一緒にクールで届くんですねー。
その処理だけが本当に大変(鳥肌の痛みとの闘い)なんですが
とにかく味が濃い・甘い!!

 

 

160616_2

ということで昨日の夕飯はこんな感じ。
Twitterに載せたらたくさん「いいね」をいただきました。

すっごい適当に作った上に盛りつけも雑なんですが
彩りって大事ですね。
あとは野菜をたくさん食べると体の調子が良いです。
消化も早いから胃もたれもないし。

明らかに作りすぎですが2人で完食しました。
おとん、ありがとう!!

 

 

人と会うこと、楽しく食卓を囲むこと。
仕事の合間に元気いただきました。

まだまだ〆切は続きます。さぁ頑張ろう!

 

 

キノコ

 



【藤本記子】戸松遥 BEST SELECTION /コーラスで参加しました!

声優・歌手の戸松遥さんの初のベストアルバムが2枚同時発売になります。

 

ポップで元気いっぱいな楽曲がメインの「sunshine」と、
しっとりとしたバラー­ドやミディアムテンポの楽曲がメインの「starlight」の2枚は
ファンの方からの事前投票により決定した15曲を、それぞれ収録。
さらに「sunshine」「starlight」ともに、新曲を1曲ずつ収録。
私はどっちの新曲にもコーラスで参加しております。

 

初回生産限定盤には、それぞれのMusic Clipも収録!
これまで仮歌も何度かやらせていただきましたが
いつもほんとに曲が良いです。
それはスタッフの熱意であり、アーティストとしての彼女の魅力あってこそ。
私も魅了された1人として、これからも心をこめて歌わせていただきます!

 

いや~今年の夏はこの2枚をリピート決定です♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

611C5fZ8y9L

【アーティスト】戸松遥
【タイトル】 BEST SELECTION -sunshine-
【初回生産限定盤】SMCL-430,431/¥3,241+tax
※新曲「BIG WAVE」のMusic Clip入りDVD付き

【通常盤】SMCL-432/¥2,778+tax

 

【収録曲】※カッコ内はファン投票時順位
★戸松遥 BEST SELECTION -sunshine-
M-01 Issai Gassai (15位)
M-02 ラブ♡ローラーコースター (14位)
M-03 RUN (13位)
M-04 星のステージ (12位)
M-05 渚のSHOOTING STAR (11位)
M-06 Counter Attack (10位)
M-07 ♪Make Up Sweet Girl☆ (9位)
M-08 Oh My God♥ (8位)
M-09 Fan Fun Parade (7位)
M-10 Girls,Be Ambitious. (6位)
M-11 明日色ひまわり (5位)
M-12 恋ヲウチヌケ (4位)
M-13 motto☆派手にね! (3位)
M-14 courage (2位)
M-15 Q&Aリサイタル! (1位)
M-16 BIG WAVE (新録曲)

 

61+GHQi4AeL

 

【タイトル】戸松遥 BEST SELECTION -starlight-
【初回生産限定盤】SMCL-433,434/¥3,241+tax
※新曲「bookmark」のMusic Clip入りDVD付き

【通常盤】SMCL-435/¥2,778+tax

 

【収録曲】※カッコ内はファン投票時順位
★戸松遥 BEST SELECTION -starlight-
M-01 In Our Hands (15位)
M-02 Tomorrow (14位)
M-03 産巣日の時 (13位)
M-04 STAGE (12位)
M-05 やさしき日々 (11位)
M-06 セパレイト・ウェイズ (10位)
M-07 マリラレルラ (9位)
M-08 こいのうた (8位)
M-09 Circle (7位)
M-10 七色みちしるべ (6位)
M-11 naissance (5位)
M-12 Baby Baby Love (4位)
M-13 ドーナツ (3位)
M-14 ヒカリギフト (2位)
M-15 ユメセカイ (1位)
M-16 bookmark (新録曲)

※太字曲はコーラス参加



プロレスを追う。

160611

忙しいと部屋は散らかるし家事は後回しになるし
大好きなプロレスも観れないし…。

 

ということで、毎年恒例のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア。
その名の通りジュニアのトップを決める祭典です。

5月から始まったシリーズもなかなか追えなくて
気づけばもう6月の決勝戦ですよ。
その決勝戦(仙台)の放送も
眠気に耐え切れずほとんどの試合を見逃し
なんとか決勝の田口 VS オスプレイは途中から観れましたけど。
というか、眠気も吹っ飛ぶ試合でした!!

 

田口隆祐選手はここ数年で面白キャラでブレイクしまして
入場から試合運び、試合後のコメント、グッズなど
とにかく独特の世界観で笑わせてくれます。
ちなみに同じ東海大学の同級生だったことをつい最近知りました。笑

で、そんな彼がなんと快調に勝ち進み
決勝までいったわけです。
それも決勝戦が行われる仙台は彼の出身地。
地元の声援ものすごかったです。

 

そして対戦相手のオスプレイ選手(イギリス)。
この春に初めて日本に来日。両国でのIWGPジュニアのベルトに挑戦。
超人的な動きに誰もが度肝を抜かされました。
そんな彼が初のスーパージュニアにも出場。

 

結果は…オスプレイ選手、最年少優勝です!
ユニオンジャックをマントのようにはためかせ
華やかで、イケメン。
マイクアピールもうまい。23歳とは思えない貫禄。

彼の良い所はむき出しの感情です。
怒り、興奮、喜び、悔しさ、負けないという意地を全身で表現。
彼を見てると「プロレスには夢がある」と感じるんです。
そうまさに夢のかたまり!!

 

田口選手の試合運びも最高でした。
笑いの要素は捨てて、本気の田口隆祐でした。
彼の今回の試合を見て思ったこと。
それは極みに近づいてこそ遊びに走れるんだと。
田口選手の懐の深さを感じずにはいられない試合でした。

 

あの会場の拍手は期待を大幅に超えた2人に贈られたもの。
という私もディスプレイの前で同じように手を叩いていました。
眠気もどこへやら。

 

 

そんなこんなしてる内に
もうすぐ6月19日には大阪城ホールでのビッグマッチ。

そして7月にはヘビー級のトップを決めるG1が始まります。
あの暑い夏がもうすぐやってくるのです!!

ちゃんと追えるんだろうか…( •̀ㅁ•́;)

 

 

ということで、今日は午後から久々にオフの時間をとって
8日に発売になった「NEW WORLD」を読んでおりました。
他にもプロレス系の雑誌とか本とかネット記事とか選手ブログとか
もーーーーー多すぎてファァァァァァァーーー!!(嬉)

 

 

キノコ

 



プロフェッショナル

160605

ふ~~~~~、怒涛の1週間でした。
でも今週も来週もまだまだこんな感じで続いていきます。
ほんとありがたいです。

ご褒美のつもりでちょっとお高いカフェで優雅な気分を味わってみましたが
クリームが濃厚すぎて胃もたれしました…。
食べてる時は最高に美味しかったですけどね( ´∀`)

 

 

 

この1週間は「仕事」について考えさせられました。

仕事を辞書でひくと
【何かを作り出す、または、成し遂げるための行動】
とありますが、
その「何かを作り出す」においても「成し遂げるための行動」にしても
雲泥の差を感じる出来事がありまして。
つまり素晴らしいと思える仕事とそうでないのの両方を見たということです。
そうでない方は「仕事」とは呼べないかも。

 

こんなやり方が許されるのかと。
こんなやり方が今まで通用してきたのかと。
久々に怒り心頭でした。

 

昔は理不尽なことがあっても
自分の実力不足を責めたり
お金やキャリアが欲しくて食い下がってやってたこともあったけど
今は馬鹿を相手にするほど暇じゃないし
「仕事」ができない人とはこれ以上関わるのは無意味。
自分の価値を自ら下げたくない。

 

 

この前ある物理学者の方のインタビュー記事を読んだのですが
すごく共感できることが書かれていました。

 

“これまで”が“これから”を決めるのではなく、
“これから”が“これまで”を決める。

 

プロレスラーのKUSHIDA選手も同じことをリング上で発言しています

 

どこから来たんじゃなくて、どこに行くかが重要で、
何をしたかじゃなくて、これから何をするか。

 


過去は過去でしかなくで、未来に向けて今をどう生きるのか。
いくつになっても新しいことへの挑戦を続けていかないと生き残ってはいけないし
自分というシーンを作っていくことはできないです。

 

ガッチガチにコリ固めた頭で
過去の栄光にあぐらをかいて
いつまでもエゴとアゴで顔色うかがってくれる人たちを
使い回せばいいんじゃないですかね。
基本、仕事の愚痴はSNSには書かないけれど
クローズのブログだからこそこっそり(?)残しておきます。

まぁ野良犬にでも噛まれたと思って忘れます!

 

 

というか忘れさせてくれる素晴らしいお仕事に立会いました。
キャリアはどんなに長くても過去の栄光にあぐらをかくことなく
自分の持ってるスキルと仕事への情熱を
的確にスピーディーに形にできる。
いいモノを作りたいというスタッフの熱量も相乗して
結果、そこには魂のこもった音楽が生まれる。

 

自分がおもうプロフェッショナルはここにあるなと
再確認できたことを心から幸せに思いました。
その場に居られるということが今の自分の立ち位置を
決めてくれるように思うんです。

 

キレイ事だけでは仕事は続けていけないけれど
信念をもって創造を続ける人たちと一緒に
愛情をもって音楽を生み出していきたい。

 

毎日夢のようですよ。
好きなことで生きてるんですから。
それを忘れずに今日もお仕事がんばります。

 

 

キノコ



アーカイブ

Top