2015年8月

制作週間のど真ん中!

「四角いマットのど真ん中」的な響きを持つタイトル(笑)。
どこまでもプロレスネタを被せていきます。

キノコです。

 

いつもは単発で制作発注が来るんですが
お盆明けにドンとまとめて依頼をいただきました。

あら、これはどうにもスケジュール調整が必要だ、っちゅーことで
9月前半の講師業を休講にさせてもらい
この8日間はとにかく曲を書いて、歌詞書いて…の連続です。

さらに作詞や歌の仕事が合間に入ってきて
仕事が仕事を呼び寄せるような每日です。

 

やれるかどうか不安を感じてたけれども
走り出したらノンストップでやりきれるもんですね。
仕事始めた当初なら早々にプレッシャー感じて
どっかで泣き事言ってそうですけど…
ちゃんとやれるだけの力がついてたんだな。
ありがたいことです。

 

でもそんな自己満足でしかないツイートをした翌朝には
情けなくなるようなリテイクもあったりして
…仕事はクライアントさんとの信用があってこそ。
これはどこか自分の中に隙があるってこと。
悔しいし情けないし恥ずかしいし。

でも「頑張ります!」「以後気をつけます!」は誰でもできて
その失敗を二度とやらないために
具体的に何をどうして、どう対処するのかってことが大事。

失敗から学び取らなければ!!

 

後は今の自分の歌を枠に収めようとする感じがする。
もっと歌も勉強しなきゃな。
曲への理解。その曲にあった歌。

すべては仕事への真髄に繋がると思うのです。

 

150830

話は変わって、お盆明けにリニューアルしたキノコデスク。

アフロ先生のところに巨大モニターが来たので
私のところにお古のモニターがやってきました。
これで制作や編集作業がスムーズです。

そして写真のようにプロレスを流すことも可能!!\(^o^)/
もちろん仕事中は流しませんで!

 

さてさて、最新曲が抜群にアガる曲になりました!
こういうの作れるようになったんだなぁとしみじみ。
今はクライアントさんのチェック待ち。
歌詞、メロ、アレンジ、OK出ると良いな~!

 

 

キノコ



お幸せに~♪

150824

大切な先輩の結婚パーティーに行ってきました。

東海大学の軽音サークルで出会い
あれからもう17年とか?
今でも変わらず仲良くさせてもらっています。

 

東海大学はマンモス校なので学生数が半端ないんですが
私たちが所属してた(正確には1年半しか居なかった)サークルもまた
ものすごい人の数で、
オシャレな響きの「湘南校舎」とは名ばかりの田舎校なのですが
そのサークルからプロミュージシャンや業界に入った人が結構いて、
晴れの日を迎えた新郎もその一人。
現在はディレクターになって、私たちもいくつかお仕事させてもらいました。

 

挙式は身内だけでハワイで挙げられたそうで
写真はそのサークル仲間や業界仲間を集めての2次会。

結婚式とかパーティーでは必ず歌ってきた私ですが
今回はその大役もなかったので
嬉しい再会をただただ楽しんでただけなんですが…。

18年の歳月をかけてゴールインした二人のことを思うと
なんだか本当に「良かった…幸せになって欲しい…」という気持ちが溢れてきて
ぼろっぼろ泣いてしまいました。

とにかく先輩たちの代は仲が良くて絆も深い。
仲間をめいっぱい祝福したいというその気持ちも伝わってきて
勝手に感情移入しちゃったって感じですかね。

今も変わらずこうして付き合いがあって
仕事をすることも叶って
今後も付き合いが続いていくんだろうな~と思うと
人との出会いとか縁とかにしみじみ感動して
止めたくても止まらない!!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

お恥ずかしいところを見せてしまいました。

 

先輩方、いっぱい幸せになってくださいね!
これからもよろしくお願いします。
そして…仕事ください!!待ってます!

 
ちなみにアフロダケもこのサークルで出会いましたのん。
出会って12年で結婚して、夫婦になって5年。
もう17年以上も一緒におるのか!?
まもなく人生の半分を越えようとしています。

あんなに地味で冴えなかった二人が
今やアフロとキノコに変貌し
ちゃんと音楽で生きてる!!

每日が夢のようです。
でも夢じゃないです。

 

そして次の作詞のご依頼の電話がありました。
先週末からしばらくスケジュールがとんでもないことになってます。
全力で頑張ります!!

 

 

キノコ



新日本プロレス、愛してま~~す!!

今回もプロレスネタです。

前回の後楽園に引き続き、決勝の両国へと足を運びました。

14日、15日、16日と3連戦。
選手の疲労もピークを越えています。

 

14日はAブロックの、
15日はBブロックの公式戦最終日。

Aブロックからは新日のエース・棚橋弘至。
Bブロックからは世界でも人気の高い中邑真輔。

この二人は新日の2大看板選手。
好敵手であり、新日を支えてきた戦友であり
古くから新日を観てきたファンにとっては黄金カードです。

 

14日も15日もネット観戦でしたが
会場に行けば良かったと後悔するぐらいの名勝負でした。

棚橋に負けたAJStyles、中邑に負けたオカダ・カズチカ。
負けても価値が一つも下がらないって凄いよね。
この二人には今後も期待大です!!

 

150820_1
今年も募ったプロレス仲間。
年に1度、G1の決勝で会えるという…七夕状態。

 

 

150820_2

超満員札止めの両国。

休憩には引退が決まっている天龍源一郎が登場し
オカダ・カズチカに勝負を申し込む!!

そして決勝の実況には新日の一時代を築いた
蝶野正洋と武藤敬司が登場!!

すごいサプライズだ!

両国の歓声が凄まじかった!!

 

棚橋対中邑。
試合は30分を超える死闘でした。
勝負が決まった!と思う瞬間が何度も何度もあって
終盤はまばたき禁止状態。

どちらも相手の上の上のそのまた上をいく…という。
一体どこからそんな力が出てくるんだろう。

 

150820_3

そして3カウントを決めたのは棚橋弘至選手でした!!!

 

新日本体の棚橋と
ヒールユニット・CHAOS(ケイオス)の中邑。

二人にしか分からない言葉を
試合を通してぶつけあった。
こんなに超満員の両国。
決勝で向かいあえたのが新日を支えてきた二人。
ずっと待ちわびた瞬間を二人で迎えられたこと。
二人にしか分からない想いがあったはず。

 

試合の後に中邑から差し出したてを棚橋が握った。
そして中邑が勝者をたたえた瞬間、両国は一番の喝采を生みました。

こんなハッピーエンド…予想してなかった…。

「プロレスを知ってくれてありがとう、
 プロレスを好きになってくれてありがとう、
会場に来てくれてありがとう!!」
棚橋の言葉に

「こちらこそありがとーーー」
と、声にならない言葉を新日タオルに顔をうずめて泣いている私がいました。

 

ここ数年でどっぷりとハマってしまったプロレスは
私の人生で欠かせない存在になってます。
しんどい時も辛い時も、「プロレスがあるから!」って頑張ってこれました。
ありがとうなんて言われると困ります。
こっちがもっともっと伝えたい。心からの感謝の気持ちを。

 

 

試合後の放送席。
映りに行きたかったけど警備が厳しくて断念。

150820_5 

帰って放送を確認したら
タオル持って2階席で棚橋に声援を送ってる姿が
ちょっとだけ確認できましたが…
これじゃ分からん!!( TДT)

 

 

150820_4

というわけで記念に会場を出たとこで1枚。

選手のみなさん、怪我を抱えながらの長期シリーズ。
本当にお疲れ様でした!!
ああ、夏が終わってしまったと放心状態になってたら
待ってましたとばかりにまとめて楽曲制作の依頼をいただきました。
某D様、私がプロレスを観終えるのを待っててくださったということですね。
頑張らせていただきます!!

 

 

キノコ



G1CLIMAX25@後楽園2days!!

150811_11

7月20日から行われている新日本プロレスの真夏の祭典G1CLIMAX25!!
今年は日本全国回りながら
8月16日まで19日間も試合が行われるという史上最大規模のスケジュール。

そしてこの「G1(ジーワン)」は今年で25回目。

 

私がプロレスを見始めたのが1999年ぐらいなんで…16年前?
G1と言えば蝶野正洋(5回優勝)か天山広之(3回優勝)でしたね。

新日が総合格闘技に手を出し始めてから
ファンが遠ざかっていった、私もその中の一人。
選手も大量離脱してどん底状態。

でも選手と会社が時代に合わせて
地道に丁寧にアピールを続け
2012年親会社がブシロードになったことで
新日本プロレスは確実に黄金時代を迎えようとしています。

 

私が再び新日を観るようになったのはいつだっけ…と思い返してみると
2011年、震災の年でした。

今じゃテレビで見ない日はないというぐらいメディアでのアピールを頑張ってる真壁刀義さんが
その時のIWGPヘビー級チャンピオンだったと思います。

 

「今、新日本が再び盛り上がってる」という噂を聞いたのと同時に
元気をもらいたいとか、ちょっとした楽しみが欲しいとか
仲間とワイワイやりたい(会いたい)とか
なんかそれぐらいの気持ちだったように思います。
2011年8月。その年のG1の決勝戦を観に行きました。

時代を経て選手の顔ぶれは随分変わったなと思ったんですが
リングで戦う選手たちに声援を飛ばしたり
場内一丸となって3カウントとったり
勝負が決まった瞬間にみんなで歓声をあげたり。
誰を応援する、というのもなかったけど
「ああ、こういうの、すごく楽しいな」
と思ったのがプロレスに再びハマるきっかけでした。
ただハマり方が以前よりマジですけど(笑)!

 

 

今年はファンクラブにも入り(今チケットが全然取れない!)
G1の後楽園を2日間、そして決勝の両国と
3日分のチケットを確保しました。
明らかに去年よりプロレスに投資している!!ヽ(=´▽`=)ノ

150811_6

長々と語ってしまいましたがここからは写真をお楽しみください。
まずは今私の一押し「AJStyles」!!
BULLET CLUB(バレットクラブ)という外国人ヒールユニットのボスです。

 

150811_7

ファンサービスの場外乱闘。目の前にAJキターーーーーー!!!
G1はリーグ戦なので同じブロックのBULLET CLUBの仲間とも試合をします。
手前にいるバッドラック・ファレは150キロもある超ヘビー級。

 

 

 

150811_8

試合後もコーナーに登って決めポーズ。
ああ、カッコイイ!!
(顔見えなくてすんません。望遠レンズ欲しい!)

 

 

150811_4

特別リングサイドを買ったけどちょっと席が端っこで見難い。
さらにコーナーポストとそこに立った選手が邪魔(失礼!)でリング内見えない。
ちなみに翌日は特別席という後方の席でしたがバランスよく見えて良かった!
もう特リンじゃなくて良いな。

 

 

150811_3

若さ、華やかさ、可能性を存分に秘めたオカダ・カズチカ。
後楽園にカネの雨降ってます!!

 

 

150811_5

G1と言えば天山。
年齢的にもいよいよ厳しくなってはきたけど、やっぱりG1も後半戦になると本領発揮!!
この日の試合は生き様が見えた!

 

 

150811_1

そしてメインイベントで真壁刀義を破ったエース・棚橋弘至!!
この人は本当に新日本の象徴。
どん底の新日本を救った一人です。

 

 

150811_2

いや~~~~絵になるわ~~~~!!!!
リングしたでカメラ構えて「タナハシーーーー!!!!( ゚∀゚ )」
と叫んでる瞬間は、ちょっとプ女子気分でした。

 

 

そして試合後の実況席。
いつも家でネット配信を見てると「私も映ってみたいな」なんて思ってて
去年は横浜文体でちらっとだけ映ったんですが
今年はもっとしっかり映ってやる!!
と意気込んだはいいものの。

150811_12

はい、タオル逆ーーーーーー!!!∑(゚Д゚)ガーン

 

 

そして翌日の後楽園で再チャレンジしたものの…。

150811_15

GKこと金沢さんの頭に隠れて映ってへーーーーん!!!!∑(゚д゚lll)ガーン

 

 

 

150811_16

でも後方でちらっと映った!!!
タオル向きあってた!!

 

 

 

150811_13

顔が分からない程度に縮小させていただきましたが
スイーツ真壁とスイーツを食べる会(今年2月)でお隣の席に座ってた女性。
巡り巡って再会となりました!!ヽ(=´▽`=)ノ

プロレス友達もっと増えろー!!!

 

 

150811_14

AJのTシャツ(隠れてるけど)着て、AJポーズ決めて、キノコご満悦。
試合は当然最高でしたよ!!
新日本には間違いなく大熱狂があります。
これはもう文章では伝えきれないのでみなさん是非観に行きましょう。
それがハードル高い場合はネット観戦もオススメです。

新日本プロレスワールド
(月額999円で生配信もアーカイブも見放題)

 

 

さぁ、残すは14日15日16日の3日連続の両国国技館。
私たちは16日の決勝戦を観に行きます!!!

ああ、私の夏が終わろうとしている…。

 

 

 

キノコ



最近のあれこれ

東京は35℃を超える真夏日が連日続きました。
外に出ただけで大量の汗。ジリジリと肌を焦がす日差し。
全てのやる気を奪っていく暑さ。
每日アイスが欠かせません。

昨日今日辺り、少しだけ気温が落ち着いたような。
お盆を過ぎればもう秋なんですね。

150808_09

さてさて、我が家はこれまでWindows派でしたがMacBookを導入しました。
アップルマーク、ではなく
新日本プロレスのライオンマーク!
(プリントアウトしたのを切って半透明カバーで挟んでるだけ)

めっちゃかっこええやん!!!

 

さて、最近のあれこれを。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、講師をやってる学校のオーディションでした。
渋谷QUATTROを貸しきっての恒例イベント。
学生はこのオーディションに向けて
ここ数ヶ月みっちり準備に励んできました。

入学した頃は曲も書いたことがなかった子が
堂々と自分の曲でパフォーマンスしている。
1年や2年の若者の成長度は半端ないです。
まだまだ彼らの中に可能性が眠っていて
私はほんの少しだけそれを伸ばす手伝いをしました。

もっと効率よく良いところを伸ばしてあげられる方法が他になかったのかと
日々自問自答です。
教育の資格があるわけでもない。音楽に正解があるわけでもない。
「音楽を教える」というより「考えて音楽をする」ことの重要性を
私の授業から学んで欲しい…。
そしていつか音楽で得られる感動や奇跡をみんなにも味わって欲しい。
そんな思いで奮闘してます。

オーディションの結果はどうであれ
今は自分たちでなんでも出来る時代。
「何がしたい」よりも「自分ができる何か」をもっと磨き上げて
自力のあるアーティストになっていって欲しいです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シンガーソングライターでありウェブクリエイターの久保田涼子主催
ヒロシマ「  」継ぐ展】に行ってきました。

150808_04 150808_03

150808_02 150808_01

彼女の出身地である広島と東京を何度も往復し
時間をかけ知恵を振り絞って準備を進めてきました。
彼女の企画に賛同した仲間たちを総動員しての限定イベントは
たくさんの来場者を迎え、初回にして大成功だったようです。

被爆者や伝承者の方たちの当時の貴重なお話を伺える講演会。
貴重な資料の数々。平和を願うコンサート。
スクリーンにメッセージを流せるiPadを使用した灯篭流し。
そして8月6日は広島を中継しての式典参加。
広島の食材を使った美味しいドリンクやスイーツ。
(瀬田レモンのレモンスカッシュにレモネードにパウンドケーキにレモンづくし)

最後には涼子さんのお婆さんが作った野菜たちをお土産にいただいてきました。

彼女の友達だけでなく
「ネットで見て」「夏休みの自由研究に」「昨日読んだ本の続きが読みたくて」と
子供たちが沢山来てくれたようです。
涼子さんの想いは、想像以上に良い広がりを見せたんだはないかと思います。

アート性を活かした会場展示もとても効果的たったし。
無償でここまでやれるとは…。「大人の本気」を見ましたね。

ぜひ来年も…、そして彼女が希望している通り全国を回れるように。
彼女を応援することが平和へのアクションだと信じて
今後も発信し続けたいと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらはいつもお世話になっているランティスさんのスタジオ、Magic Garden。
めずらしく午前中からTDでした。

150808_05

今回もいい感じに仕上がりました。ありがとうございます!
(詳細はまた後ほど)

 

ちょうどお昼時ということで食事をごちそうになりました。
今年に入って仕事の流れも少し変わってきました。
ちょっとずつだけど確実に前進している。
転機と言ったら大袈裟かもしれないけど
もう1ステップ上がるためにはここらで勝負なんじゃないか…
と思えるような、とてもとてもありがたいお言葉を沢山いただきました。

この日食べたうな丼は生涯忘れない味。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

で、うな丼食べた後は
公私ともに仲良くさせてもらっている作編曲家の中西亮輔さんのスタジオへ。

暑いしオススメのかき氷でも!!
と連れてってもらったのはメルセデス・ベンツのショールーム2階にあるカフェ。
原宿で大行列のアイスモンスターのかき氷が今月までの期間限定で食べられるという!
それもほとんど並ばずに!!

汗だらだら流しながら六本木を抜け
たどり着いたこちらのカフェでそのかき氷とご対面。

150808_06

わ~~~!!すごいてんこ盛り!
そして予想してなかった食感。
氷なのに、もっちりしてる。
濃厚なマンゴーソースとアイスも最高です。

 

11846746_1639541419597059_3915871812067149346_n
ちなみにアフロはコーヒーのかき氷。
コーヒーゼリーもついてボリューム満点。

音楽経歴で言えばもう私たちとは比べ物にならないほど実績をお持ちで
(年齢はあまり変わらないんです)
直接的な先輩ではないし出会ってそんなに長くはないけれど
いつも親身になってアドバイスを下さいます。
自分たちの足りないとこ、未熟なとこを突いてくれる人はそう居ないので
これからも大事にこの縁を続けていきたい。感謝。

 

せっかくなんで…と、ショールムに並んだ車に乗って写真撮ってもらったり、
ヒルズのところに並んでる大量のドラえもんと記念撮影を楽しんだり。

150808_08

わ~~~!!なんか楽しい(笑)!

中西さん、ありがとうございました!!

 

あんなこといいな、できたらいいな
あんな夢こんな夢いっぱいあるけど…

全部ひとつひとつ、私たちの音楽で叶えていこうと思います。

 

 

キノコ



アーカイブ

Top