2013年3月

【藤本記子】チャリティーソング「アカシアの咲く頃に」作詞させていただきました!

共に作曲家である伊藤賢治さんと佐藤天平さんによる新レーベル「W-NOTE」が設立され
同時にチャリティーアルバム「birthheart(バースハート)」をiTunesよりリリースされました。

 

jacket.jpg

 

私は作編曲・伊藤賢治さん、歌・中西圭三さんによる
アカシアの咲く頃に」を作詞させていただきました。

収益金は全額、東日本大震災義援金として日本赤十字社の活動資金として寄付いたします。

このプロジェクトに参加された皆様の温かいコメントも是非読んでみてください。
W-NOTE webサイト

アルバムは2曲入りで300円です。
あまり大々的にアピールするのは心苦しい気もします。
こんな風にあからさまに言うのはどうかと・・・正直思うところもありますが
でもみなさんのお気持ちが必ず誰かの笑顔に繋がっていると私は信じています。
小さな力も募れば大きな力に!
参加された全関係者の皆々様の想いが詰まった今作品、是非ご購入いただければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
そして一日も早い復興を心からお祈りいたしております。

藤本記子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

W-NOTEレーベル設立のご挨拶
2013年3月27日、このたび作曲家・伊藤賢治氏と共に”W-NOTE”(ダブルノート)というユニットをスタートさせました。
2010年あたりから、二人で何か音楽を発信していこうと思い立ったのですが、
その翌年の震災により、改めて我々に出来ることは何かを考えました。
二人で出した結論は「被災者の方々へ、そして復興へ、私達の音楽がわずかでも力になるようなことができないか」ということでした。
ご賛同頂いた各ミュージシャンの方々と共に制作し、それぞれのジャンルを越えて思いを一つにした楽曲をお届け出来たらと。
そしてここに、『アカシアの咲く頃に』『手をつなごうよ』の2曲をiTunesリリースすることが出来ました。
HPも立ち上げまして、活動詳細など掲載してありますので、お時間あります時にご覧頂けたら幸いです。
W-NOTE webサイト
W-NOTEは、今後も不定期ではありますが、私達の音楽の可能性を模索しながら、
継続的に楽曲を発表し活動していきたいと思います。
佐藤天平 伊藤賢治
なお、3月31日(日)19時より1時間、W-NOTEはツイキャスを行います。
お時間のある方は是非、お聞き頂けたら嬉しいです。
3/31ツイキャス 
アルバム収録曲
手をつなごうよ 作詞・森由里子 作曲・岡田 編曲・佐藤天平 Vo・岡田浩暉 Cho・佐藤天平 プロデュース・佐藤天平
アカシアの花が咲く頃 作詞・藤本記子 作曲・伊藤賢治/中西圭三 編曲・伊藤賢治 VO・中西圭三 プロデュース・伊藤賢治

 

W-NOTEレーベル設立のご挨拶

2013年3月27日、このたび作曲家・伊藤賢治氏と共に
“W-NOTE”(ダブルノート)というユニットをスタートさせました。

2010年あたりから、二人で何か音楽を発信していこうと思い立ったのですが、
その翌年の震災により、改めて我々に出来ることは何かを考えました。

 

二人で出した結論は「被災者の方々へ、そして復興へ、
私達の音楽がわずかでも力になるようなことができないか」ということでした。

ご賛同頂いた各ミュージシャンの方々と共に制作し、
それぞれのジャンルを越えて思いを一つにした楽曲をお届け出来たらと。

そしてここに、『アカシアの咲く頃に』『手をつなごうよ』の2曲を
iTunesリリースすることが出来ました。

HPも立ち上げまして、活動詳細など掲載してありますので、
お時間あります時にご覧頂けたら幸いです。

W-NOTE webサイト

W-NOTEは、今後も不定期ではありますが、私達の音楽の可能性を模索しながら、
継続的に楽曲を発表し活動していきたいと思います。

佐藤天平 伊藤賢治

なお、3月31日(日)19時より1時間、W-NOTEはツイキャスを行います。
お時間のある方は是非、お聞き頂けたら嬉しいです。

3/31ツイキャス 

【アルバム収録曲】
「手をつなごうよ」 
作詞・森由里子
作曲・岡田浩暉
編曲・佐藤天平
Vo・岡田浩暉
Cho・佐藤天平
プロデュース・佐藤天平

「アカシアの咲く頃に」
作詞・藤本記子
作曲・伊藤賢治/中西圭三
編曲・伊藤賢治
Vo・中西圭三
プロデュース・伊藤賢治



【福富雅之】PETIT IDOLM@STER 「Closet Fashion Lover」/アレンジで参加!

TVアニメ「ぷちます!」のキャラクターソングCD
『PETIT IDOLM@STER Twelve Seasons! 』(全12枚)が
フロンティアワークスから発売中です。
コンセプトは「アイドルたちがTV-CMのオファーを受けて、
CMソングを歌うことになったら?」というもの。


Vol.2・Vol.8に引き続き、Vol.11のシングル曲を福富雅之がアレンジで参加しました。 

ぜひチェックしてくださ~い!よろしくお願いします。

 

 

【タイトル】『PETIT IDOLM@STER Twelve Seasons! Vol.11 星井美希&あふぅ
【アーティスト】星井美希
(CV:長谷川 明子)
【発売日】2013年3月27日(水)
品番】MFCZ-1038
【価格】1,260(Tax in)

【収録曲】
1:『Closet Fashion Lover(歌:星井美希)』
※ソロ新曲 作詞:yura 作曲:山崎寛子 編曲:福富雅之

2:『朝の連続ぷちドラマ みんなでこまーしゃる ‐美希とあふぅへん‐』
トーク:星井美希&あふぅ、プロデューサー、音無小鳥

3:『ら♪ら♪ら♪わんだぁらんど(歌:星井美希)』
作詞・作曲:イイジマケン 編曲:イイジマケン/村山シベリウス達彦

4:『あ・り・が・と・YESTERDAYS(歌:星井美希)』
作詞・作曲:イイジマケン 編曲:浜田ピエール裕介

5:『Closet Fashion Lover(off vocal)』

 



ベーグル焼いたん。

 

IMG_0657.JPG

友達の誕生日にまた手作りベーグルを送りつけました(笑)

喜んでもらえて何よりでしたわ~♪

今回初挑戦やったのが「黒豆きなこベーグル」。

生地にきなこを使用し、黒豆をた~~っぷり巻き込みました。

トーストしたら部屋中にきなこの香り。たまらん!!

お供に「桜カスタード」のクリームチーズ。 
BAGEL&BAGELの季節限定商品です。
桜あんに目がないのでかなりお気に入りです! 

今日は23日土曜日。
東京の桜は満開を迎え、今日はどこも花見客でいっぱいでしょうね。
明日は気温も下がって雨らしいし。

私は混雑を避け、月曜か火曜に一眼を持ってぶらりと花見に出かけようと思ってます。
まだ一度も見たことのない目黒川の桜!!

は~、それを楽しみに週末はとことん作業を頑張るのだ!

みなさんも素敵な週末&お花見を。

 

 



ライブリハ。

 

130320.jpg

昨日はライブリハーサル@用賀でした。

・・・と言っても私のライブではございませんw

とあるアーティストさんのライブリハーサル初日。
ご本人のスケジュールが取れない上に
アコースティック編成でバンドアレンジもこれから、という大事な日。
ボーカルがいないとリハーサルにならない・・・ということで私に声がかかりました。

アコースティックとは言え、ギター・ピアノ・ドラム・ベースのバンド編成。
そんな中で歌うって、もう考えただけでワクワクでした。
全曲ばっちり覚えて行きましたよ!!w

「さすが」という感じでサクサクとアレンジが進み
歌いながらも終始お勉強させていただきました。
貴重な現場だったな。

偶然にも前日に同じアーティストさんの仮歌を別件でやらせてもらっていました。
不思議なご縁を感じますね。
今後もまた声をかけていただけると嬉しいな。

「確かな仕事」は次に繋がると信じて。

 

 



開花宣言

先日東京では開花宣言が出されました。

例年より10日も早いとか。
最近ものすごく気温が高かったので桜も待ちきれなかった感じでしょうか。 

 

 

130317_1.JPG

 

写真は桜ではなく・・・梅です。
こうやって見ると桜みたいですね。でも間違いなく梅でしたよ。

梅の花ってものすごく香りが良いんですよね。
同じピンクでも色の濃さも様々ですし。

この日はまだ肌寒かったけど
こうして枝いっぱいに花を咲かせている姿を見て
「ああ、季節はもう春なんだな」と実感。

東京では来週末が見頃だとか。
今年はどこの桜を愛でようかな。

さて少々日にちは過ぎてしまいましたが
震災から2年という月日が経過しました。
私にできる事は沢山あると分かっていながら
実際に動けずに生きてきた2年間だったように思います。
ただ日々を精一杯、生きている今を全うする。
その想いを常に持ち続けてきたつもりです。
「しない」「しなかった」自分に罪悪感を持ったこともありました。
でもやはり自分が生きていくということだけで必死の毎日。
ただ「願うこと」しか出来なかった非力な私。

でもここへ来て、あるプロジェクトに参加させていただきました。
私ができる精一杯、誠心誠意を尽くしました。
詳しくは近々お知らせさせていただきます。

小さな力でも集えば大きな力へと。

「音楽の力」を信じて。 

 



アーカイブ

Top