2007年4月

28歳になりました! @のりこ

たくさんのメッセージ、プレゼント、
本当にありがとうございました!!
藤本記子は無事に28歳になりました(笑)
河島英五音楽賞で最優秀作品に
「太陽(ひかり)」が選ばれたこともあって
なんとも言えない清々しい気持ちで
誕生日を迎えることができました。
サプライズでバースデーケーキをいただき
何年かぶりに蝋燭の火を吹き消しましたよ。
ケーキはもちろん美味しかったけど
祝ってくれるみんなの笑顔がもっと絶品でした★
誕生日を富山県で過ごし(富山レポは後日書きます)
帰ってきたらポストにも宅配ボックスにも
プレゼントや便りが届いていて…またもや嬉しくなりました!
祝ってくれる人がおるっちゅ~のはほんま幸せなことね。
生まれてなかったら…
歌ってなかったら…
そう考えたら、ただただ両親には心から感謝です。
与えられたことに喜びを感じずにはいられません。
28歳も私らしくいきますよ~♪
みんなよろしくね!



イブ☆ @のりこ

27歳、最後の日を迎えましたw
この1年、本当に色々あったなぁ。
実りある出会いがいっぱいありました。
素敵な再会も沢山果たせました。
大切な何かを失って
遠回りしてようやくまた手にして・・・。
きっとこれからも私の生き方は変わらずに
このままマイペースに生きて行くんでしょう。
そこにはこの日記を読んでくださっている
あなたの存在が欠かせません。
未熟者ですがこれからもどうぞ藤本記子をよろしくです★
ただただ今日も感謝です!
というわけでちょっと富山に取材と営業に行ってきます。
また報告しますので。



「藤本記子」という名の・・・ @のりこ

受賞に関してお祝いのメッセージ
本当に沢山いただきました!!
河島英五さんのファンの方からも投稿メールいただきまして
5月6日がより楽しみになってきましたよ!
せっかくいただいた最優秀賞。
審査員のみなさんの心はもちろんのこと
河島英五ファンの心に響かないことには意味がない!!
しかし、改めて彼の曲を聴いて・・・染み入っています。
本当に良い歌。
若い人たちや、今まで彼の歌をちゃんと聴いたことがない人たちに向けても
「藤本記子」なりに発信、そして伝えていけたらいいな~と思います。
そうそう、みんなね。ここでちゃんと触れておきたいと思います。
「BohBah」という名でこれまで活動してきましたが
「藤本記子」名義になっても
歌・作詞・グルメ担当 藤本記子
曲・ギター・アフロ担当 福冨雅之
というタッグチームには変わりありません!!
私のソロ活動が始まった・・・と思っていらっしゃる方が多いんですよね。
説明不足だったかもしれません。ごめんなさい。
いえね、「ぼーばー」から「BohBah」を経て
9年も活動してきたわけですが
「バーバー」やら「ボーボー」やら「バーボー」やら
「ボンバー」やら・・・まともに覚えてもらえないんです。
アルファベットも間違えられて
「BorBar」とか「BonBan」とか・・・
あとは「どっちがボーで、どっちがバーですか?」とか。
もうこのネタはいりません(笑)
名前の由来もあんまり深い意味ないし、説明するのが恥ずかしいし。
他にね、タッグチーム名も考えたんですよ。
でもおしゃれなのは浮かばないし、なんだか自分たちらしくない。
だったらこの先ずっと歌っていくためにも
本質を忘れてはならない、外してはならない・・・ということで
単純明快に「藤本記子」でいくことにしました。
「のりこ」は「記子」ですからね。お間違いなく!!
「記」で「のり」はなかなかないのでお気に入りです♪
よろしくっ!!
そして福冨はまたクルクル頭になって
モコモコ具合が復活していい感じです!
ちゃんと健在なので応援よろしくっ!!



第1回河島英五音楽賞 @のりこ

みなさん、ご報告があります!!
この度、第1回河島英五音楽賞 最優秀作品に
私たちの楽曲「太陽(ひかり)」が選ばれました!!
http://www.eigo-award.jp/
河島英五さん・・・
ご存知の方は多いと思いますが
若者の中には名前を聞いても分からない人もいるかも…。
「飲んで飲んで飲まれて飲んで~♪」
彼の名曲『酒と泪と男と女』のメロディーを聞けば
「ああ、知ってる!!」って分かっていただけるかも。
河島英五さんオフィシャルサイト
http://eigo.to/
プロフィールに書いてある通り
河島英五さんは大阪生まれの大阪育ち。
それも私が生まれ育った大東市の隣町・四条畷市。
多くの人々の心に夢と感動を与え
素晴らしい数々の名曲を残して
2001年4月16日、残念ながら肝臓疾患のためお亡くなりになられました。
48歳という若さで…。
それから今年で6年を迎えようとする中、
彼の遺志を継ぐ音楽家を発掘しようと
ミュージシャンである英五さんの娘息子さん達や
親交のあった落語家の桂南光さん、歌手のイルカさんをはじめ
英五さんが住んだ四条畷市も加わり
『河島英五音楽賞』を創設することになりました。
今日、彼の命日に河島英五音楽賞の
第一回の最優秀作品と入選作品の発表!!
光栄なことに「太陽(ひかり)」が選ばれました。
受賞の知らせを聞いたときは…嬉しくて嬉しくて涙が止まりませんでした。
私がこの音楽賞のことを知ったのは
両親が送ってきた新聞記事のFAXでして
それがなかったらこの音楽賞の存在を知ることもなく
今日を迎えていたと思います。
応募する曲、どれにしようか悩みました。
『元気の出る音楽』がテーマだったので
アップテンポだ良いのかビックバラードが良いのか…
でもオフィシャルに記載されている「河島英五音楽賞の制定」を読んで
これは「太陽(ひかり)」しかない!!
と福冨と意見が合意。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『審査委員会委員講評』
最優秀作品「太陽(ひかり)」は、応募された441作品の中で一番心に響きました。
特にボーカルの引き込まれる様な、
透明感のある-風が大地を渡るような-伸びのある声は素晴らしく、癒される作品でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このようなコメントもいただけて感激です!!
藤本記子として素晴らしいスタートを切ることができます。
ライブは5月6日(日)大阪城野外音楽堂で行われます。
チケットの販売も既に始まってますし
審査員のみんさんのステージもあるので
みなさん是非お越しください!
誰にどうやってこの喜びを伝えれば良いか・・・
それは歌っていくこと、作っていくこと、
そして語り継いでいくことだと思います。
河島英五さん、「太陽(ひかり)」を聞いていただけましたか?
私の声が届きましたか?
5月6日、あなたが愛した大阪で、あなたを愛するみんなと
素晴らしいステージを繰り広げたいと思います。
ただただありがとうございます!!
2007年4月16日 藤本記子
追記
2007.2.2 大阪フラミンゴでのライブ映像をyoutubeにUPしました。
ご覧下さい!プロローグ・好きもUP!
◆太陽(ひかり)

◆プロローグ

◆好き



ワンマンご来場感謝! @のりこ

4月7日(土)曙橋Back in townにて行った
藤本記子ワンマンライブは
ご来場くださった皆々様と
頼もしいサポートメンバーのお陰で
無事に何とか成功いたしました。
体調が優れなかったことで
聞き苦しい場面も何度かあったかもしれませんが
ステージに穴を空けることなく
自分のペースで全13曲歌わせていただきました。
風邪かと思っていたら…なんと気管支炎とのこと。
直前は38度の熱でぎりぎりまで寝込みながら
ステージに立つ自分をイメージすることで
何とか本番へと気持ちを持っていくことが出来ました。
お陰さまで徐々に体は戻りつつあります。
ご心配おかけしました!早く完治させます!!
さて、今回は第一部にいとをひろみつ、
第二部でBeBeさんをサポートピアニストとして迎えました。
同じピアノという楽器でも弾く人によって
こんなにもアプローチが違うものかと
ちょっとした変化を楽しんでいただけたかと思います。
また第一部ではカバー曲を3曲盛り込みました。
カバーアルバムも出したい…そんな気持ちが募ってきた勢いで
カバーをいつもより多めにやってみたんです。
特に「青春の影」はいい曲ですね。ジンときちゃいます。
そうそう!今回はBITで特別オリジナルドリンクを作っていただきました。
その名も「記子がめっちゃ好きやねん」!
苺とカシスとジンジャエールの甘めのカクテルです。
あえて注文しにくい、恥ずかしい名前をつけさせていただきました(笑)
みんな呑んでくれたかな?
体調はイマイチだったものの
ステージはめいっぱい楽しみました★
新曲もミディアムアップでハッピーなラブソング。
タイトルつけなきゃね(笑)
まぁ雰囲気は写真を見ていただけたら
いかに楽しい夜だったかはお分かりいただけるでしょう♪
また5月6月とライブが決まってきたので
体調整えて、ばば~ん!!といきたいと思います。

(さらに…)



アーカイブ

Top