アフロ先生

感謝感激アフロダケ

ども!絶賛風邪っぴキノコです。
いや~今年の風邪はしつこい!!
気づけば10日も風邪と格闘しとります。

 

16日、卒業式・謝恩会で喉に違和感
17日、仮歌ギリギリ歌えたけど喉キツイ。夜の中野サンプラザは大人しめに鑑賞。
18日、コーラス録るけど声スッカスカ。これはヤヴァイ。
19日、授業で学校行くけど声がオカマちゃん。咳出始める。
20日、鼻から滝のように鼻水出だす。スタジオで楽器ダビングなのでマスク・防寒して向かう。
21日、朝から寒気。38℃超えてるやん!寝て過ごしたら夜には平熱。
22日、でもまた朝から38℃。締め切り気になって寝れん。夕方から曲作り。ご飯、味しない。
23日、熱は完全に下がったけど痰が絡んだ咳が酷い。鼻かみすぎて痛い。曲できたけど…うーん。
24日、同じく痰と咳と鼻水。耳も詰まってる感じ。つらい。曲は作り直し。でも根性でやり遂げる。
25日、残すは鼻のみ!そろそろ鼻から脳みそ出そう。←いまここ
本格的な歌の仕事はもう少し先にならんと厳しそうですが、やっと終わりが見えてきました。
周りでも結構風邪人口多いので、みなさんも気をつけてください!

ああ、健康ってなんてありがたいことか!
フリーランスには身にしみます…。

 

 

さてさて、そんな中ある楽曲の楽器ダビングに行ってきました!

アフロ編曲、キノコ作詞の楽曲です。

ディレクション中のアフロさん。

 

今回はベースとブラスのダビングでした。
音符もセクションも多いし、テンポも早いし、こりゃ演奏大変だな…と思ってましたが
最高のサウンド、最高の演奏で、どちらも予定時間を巻いて終了!

ベースは二家本亮介さん。

今回はじめましてでしたが、共通の知人・友人が多くて話も盛り上がりました!
ベースの音が凄すぎて、アフロは家に帰ってからどうしたらこの音が出せるのかと案の定試行錯誤。
演奏はもちろんお人柄もステキで…ぜひまた一緒にお仕事したいです!

 

 

 

そして感動のブラスセクション!

写真左から。
(Tb)鹿討奏さん、(Tp)鈴木正則さん、(A.Sax)竹上良成さん。

プロってね…やっぱりプロなんですよ。
って当たり前やんって思うでしょうけど、日本最高峰のプロは凄すぎた…。
どう凄かったとか書くだけ野暮なんで、そこはリリースを待っていただければと思います。
ああ、早く聞いていただきたい!

 

 
今回「私幸せもんやな~」と思ったのが
打ち込みから生に差し替わる瞬間に、その変化が分かる立場にいるってこと。
アフロアレンジの段階でも随分生音に近くて良いアレンジなんですよ。
でもそれがトップミュージシャンの演奏によって更に生き生きとキラキラと音が輝き始める!

録ってる間に2人してニヤニヤが止まらないというか、大興奮で手汗が止まらない!!

これは作ってる側の特権ですね。
ああ、幸せ。

 

どんなに機材が進化しようと、
やっぱり人間が心と体と経験で奏でる音には敵わないなと思った1日でした。

次は私が書いた楽曲で演奏していただけるように頑張ろう!!!

 

 

というドラマティックなレコーディングは東京タワーの足元で行われたのですが
思い返せばこっちに来て心に残ってるシーンはいつも東京タワーがあったように思います。
私にとってのパワースポット。

最幸に出会わせてくれてありがとう!

 

 

キノコ

 

 

 

 

 

 



【福富雅之】TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』キャラソンミニアルバム 「5 Moving Shadows」/編曲で参加しました!

現在放送中のTVアニメ『プリンセス・プリンシパル』の
キャラソンミニアルバム「5 Moving Shadows」に
福富雅之編曲の「Into the Sky」が収録されております!

こだわりのギター、ベースの音作りから演奏に至るまで
これまでにはなかったアフロアレンジを楽しんでいただけるかと。

どうぞよろしくお願い致します!

 

 

——————————————————————————-

【タイトル】『プリンセス・プリンシパル』キャラソンミニアルバム「5 Moving Shadows」
【アーティスト】アンジェ(cv.今村彩夏)/プリンセス(cv.関根明良)/
ドロシー(cv.大地葉)/ベアトリス(cv.影山灯)/ちせ(cv.古木のぞみ)
【発売日】8月30日(水)
【品番】LACA-15664
【発売価格】2,300円+税

【収録内容】

01:Take Me Up Higher
作詞:Konnie Aoki 作曲:高橋 諒 編曲:高橋 諒
歌:アンジェ(cv.今村彩夏)
02:Under the Moonlight
作詞:Konnie Aoki 作曲:高橋 諒 編曲:村山☆潤
歌:ドロシー(cv.大地 葉)
03:閃光刀歌
作詞:Konnie Aoki 作曲:高橋 諒 編曲:藤田宜久
歌:ちせ(cv.古木のぞみ)
04:リトルブレイバー
作詞:Konnie Aoki 作曲:高橋 諒 編曲:酒井陽一
歌:ベアトリス(cv.影山 灯)
05:Into the Sky
作詞:Konnie Aoki 作曲:高橋 諒 編曲:福富雅之
歌:プリンセス(cv.関根明良)

■対象店舗:特典内容
《ジャケットイラスト使用特典》
アニメイト:2L判ブロマイド
ゲーマーズ:L判ブロマイド
とらのあな:L判ブロマイド
セブンネット:ポストカード
メロンブックス:イラストカード(ポストカードサイズ)

※全てジャケットイラストを使用した絵柄となります。
※特典有無についての詳細は各店舗様へご確認をお願いいたします。
※特典はなくなり次第終了となります。予めご了承ください

 

 

 

 



アフロダケ写真更新

某案件で宣材写真を求められ、せっかくなのでアフロ写真を撮り直してみました。
気づけば5年ほど放置しっぱなしだった写真。
アフロダケのプロフページも「趣味:ラーメン二郎」とはいつの話だ…(汗)

ということで、二人とも写真と共に一部更新してみました。

アフロのサイズは幾分小さくはなりましたが
基本的には何も変わらず…。
少し年齢的な貫禄が出てきたかな?といったところでしょうか。

 

ちなみにレタッチ…げふんげふん(汗)!!

ほ、ほ、細くなんてしてないんだからね!

 

 

キノコ

 



LEWITT 240PRO マイクレビュー

お久しぶりです。福富雅之です。アフロです。
ジロリアンは卒業しました。
最近健康に気を使ってフィットネスバイクなんか漕いでいます。
効果はまだ感じられませんが、ご飯がより美味しいです!

突然ですが、新製品のマイクを発売前にモニターをさせて頂きましたので
キノコブログを乗っ取ってレビューです。

今回使わせて頂いたマイクはこちら!

LEWITT(ルウィット) LCT 240 PRO

http://www.lewitt.jp/LCT-Series/LCT-240-PRO/
税込市場予想価格:¥19,800

PROなのにイチキュッパとはお安いですね。というのが音を出す前の第一印象です。
(メーカーの方ごめんなさい)
元々あった240という型番からスイッチを取り除きブラッシュアップしてPROになったそうです。
というわけで音出しがてらザックリ録音してみました。
まずはアコギから!

何も考えず、いつも通り最終フレットぐらいにポン立て。

マイクプリは、この価格帯のユーザー参考になるようにと思いまして
オーディオインターフェース(RME UFX)のマイクプリ直。
EQ、コンプも無し。ノーマライズして、
マスターにリミッター軽く掛けただけです。

 

プロなのにイチキュッパとか言ってすみませんでした(汗)

正直良いです。
お値段以上といえばそれまでですが、
「録音するときに選択肢に上がる」マイクです。

今日の竿どうすっかなー。今日の歪どれにすっかなー。
みたいな感じです(わかりにくいけどわかって欲しい)
上の価格帯のマイクと比べても、音のキャラで選べます。

音はソリッドで華やか、芯もしっかりしてるので
第一印象は”ポップスのオケ中で映えそう”です。
というか使いました!
デモは素ですが、後からEQでグリグリしてもいい感じでした。

そして、ナイロン弦、ガットギターが抜群。
我が家の他のマイク押しのけて一位です。
この音で録音できるマイクがもっと早く欲しかった!
この音使いたい曲があったのに…。

 

一押しポイントは、音の速さ。

ピッキングスピードが早くなった気すらします。
レスポンスがいい…といえばそれまでなんですが、
高いハイファイ系のギターケーブルみたいといえば
ギター弾きの人には分かってもらえるでしょうか。

弾いたとおりに音が出るというか、誤魔化しがきかないというか
「ジャっ!」と弾いたとき「ジャっ!」って言います。
ミスタッチもしっかりでます(汗)マイクに練習しろと言われます…。

 

マイキングで音、結構変わります。

自分でアコギを録音するときは、
・最終フレットあたり
・サウンドホール真ん前
・15フレットぐらい
あたりを目処にしているのですが、
240 PROすっごく音変わります。

マイキング変えてるから音変わって当然だと言われそうですが
「細かいマイキングはいいから、はやく上手に弾いて下さい」的なマイクもこの世にはあります。

このマイク立てて、久々にマイキング楽しいなぁと宅録心が疼きました。
ちょっと高さ下げて1弦よりだとキラっとするし、上げて6弦よりだとどっしりします。

もうちょっと角度を…とか、この高さでもうちょい左に…とか
久々にニマニマしながら機材触っていました。楽しいです。

 

あえて欠点というか要望というか

ショックマウント…ほしい…です…。
いや、付属のホルダーもいい感じですよ。
ずっしりしてて凄くしっかりしてます。ホールド感もいいし頑丈です。

アコギ弾きながら足でリズム取っちゃって振動が…とか
気をつければいい話ですが…ショックマウントあると安心ですので
別売りオプションLCT 40 SHs?が使えるようなら後から買っても良いかもしれません。
メーカーさんに聞いてみよう。

 

そしてこのマイク最大の問題は、
エントリー価格帯の240 PROでこんな使えるなら
LEWITTの他のマイクもっと良い音しちゃうの?欲しい。
と沼にはまることです。
僕ははまりました。他のLEWITTデモ機お願いしよう。

(240 PRO、ダイヤフラムのサイズとかコレはコレの仕様らしく
LEWITTの兄弟マイクと比べても負けないというか、違う勝負な気もしています。)

 

次回、キノコ先生によるボーカルデモに続く

デモ音源ができ次第、歌でもレビュー予定です。
作業中の曲でチェックしてみたところ…
かなり好感触です。スコーーーンと歌が抜けてきます。
キノコ先生がびっくりしてました。
お楽しみにー!

素材感が良いというか重量感が良いというか
手に取ったときにPROを感じます。

 

 

 

余談ですが、買ったフィットネスバイクと同じカラーリング(笑)



【福富雅之】nano.RIPE 5th Album 「スペースエコー」/アレンジャー&ディレクターで参加!

nano.RIPEの5枚目のアルバム「スペースエコー」が発売になりました!

福富はアレンジャーとして、またディレクターとして
これまで以上にボーカル・きみコの歌を最上級に生かすための
最高のサウンド作りを
メンバーと共に追求し抜いた渾身の1枚に仕上がっています。

年内の活動をもって脱退が決まっている
ベース・アベノブユキさん、ドラム・青山友樹さんと奏でる
最後のアルバムでもあります。
これまでと、これからが詰まった「スペースエコー」。
ぜひ聞いてください!!

 

—————————————————————————–

【アーティスト】nano.RIPE
【タイトル】スペースエコー
【発売日】2016年10月19日(水)

61u2lrgqi0l

【初回限定盤(CD+ライブCD)】LACA-35580/3,400円(税抜)

 

61fvb8kbtjl

【通常盤(CDのみ)】LACA-15580/3,000円(税抜)

 
【INDEX】
1.SN1998A
作曲・編曲:佐々木淳
2.ルミナリー
作詞:きみコ、作曲:佐々木淳、編曲:渡辺拓也
3.ライムツリー
作詞:きみコ、作曲:佐々木淳、編曲:nano.RIPE
4.システム
作詞・作曲:きみコ、編曲:nano.RIPE、福富雅之
5.こだまことだま
作詞・作曲:きみコ、編曲:nano.RIPE、福富雅之
6.アナザーエンド
作詞・作曲:きみコ、編曲:nano.RIPE
7.ティーポットのかけら
作詞・作曲:きみコ、編曲:nano.RIPE、福富雅之
8.日付変更線
作詞:きみコ、作曲:佐々木淳、編曲:nano.RIPE
9.スノードロップ
作詞:きみコ、作曲:佐々木淳、編曲:nano.RIPE、福富雅之
10.在処
作詞:きみコ、作曲:佐々木淳、編曲:nano.RIPE、福富雅之
11.イタチ
作詞:きみコ、作曲:佐々木淳、編曲:nano.RIPE
12.ものがたり
作詞・作曲:きみコ、編曲:福富雅之
13.ディア
作詞:きみコ、作曲:佐々木淳、編曲:高橋諒
14.終末のローグ
作詞:きみコ、作曲:佐々木淳、編曲:nano.RIPE

【初回限定盤同梱ライブCD】
nano.RIPE LIVE TOUR 2016 「百式」 東京公演
2016年5月22日(日)渋谷CLUB QUATTRO

01. SE 百式
02. タキオン
03. うつくしい世界
04. バーチャルボーイ
05. ライムツリー
06. こだまことだま
07. 神様
08. 希望的観測
09. ナンバーゼロ
10. 最短距離で
11. 嘘と月
12. リアルワールド
13. サクゴエ
14. ハロー
15. ツマビクヒトリ
16. 空飛ぶクツ
17. ハナノイロ

 



アーカイブ

Top