空気感について

家で黙々と曲を作るのも好きだけど
色んな人達と一緒に現場で
あーでもないこーでもない
と試行錯誤する時間が好きだったりします。

去年からスタジオワークが続いていて
今まで以上にそれを感じられる日々。

自分がブースに入って歌う側だったのが
今じゃそちら側ではなくなってしまったけど
すべての経験が積み重なっての今なんだということ。
こういう時に思うよね、遠回りは無駄ではなかったと。

そして「いい仕事が出来たな」と思う達成感の裏側には
現場に流れる”空気感”というものが隠れている!支えている!
技術やスピード、レスポンスの良さ、アイデアはもちろん
やっぱり場の空気を盛り上げることが出来るか
一歩踏み込んだクリエイティブを目指せるがどうかは
現場に呼ばれた私に試されているなと。
楽しくもあり、プレッシャーもあり、
そして挑戦できることに生きてる喜びを感じる。大袈裟ではなく。

そのためにはミュージシャンとしてもそうだし
人間としも面白みがないとな~と思うわけで
ボケもツッコミも出来ないキノコが
今年は関西人として成長が見られるのか!?(今更!!???)

乞うご期待!(笑)


キノコ


アーカイブ

Top