第3回キノコ音学校、大盛況!!

「リスナーと音学を楽しむ」がテーマの「キノコ音学校」

第1回目が行われたノスオケのホームである恵比寿天窓.switchにて第3回目の開催となりました。

ゲスト:郁原ゆう
サポートギター:エバラ健太

セミナーのテーマ
「歌とグルーヴ~メトロノームさんとリズムトレーニング~」

ライブハウスでメトロノームが爆音で流れるってだけでも不思議な感じなのに
「メトロノームさんを降臨させよう」とか
「メトロノームさんをご機嫌にしよう」とか
もう話してる内容がカオス!(笑)
出演者、受講生、スタッフ、あの空間にいた全員で作り出した奇跡のような時間がとても愛おしい。


そして歌に苦手意識があった郁原ゆうちゃん。
この2ヶ月きっちり自分と歌と向き合ったことで
本番は味わったことない楽しさと歓びに感動がうまれ
美しい涙を流しながら歌っていました。
あやうくもらってしまうところだった…
と思ったら後ろでアフロも泣いていた!


「歌が苦手なわたしからの卒業式になったらと思って挑んだのですが、
 どちらかというと歌を楽しめるような私になる入学式だったなと思います。
 素敵な学校に入学出来て嬉しかったです。楽しかったです。
 ありがとうございました。」郁原ゆうさんのツイートより

これは泣ける…。

堂々と、はつらつと、キラキラと、
そこにいる彼女は2ヶ月前の姿とは明らかに違っていて
またひとつ大きな自信を胸に次のステージへ!



そしてシンガーソングライター時代からの仲間、エバラ健太くん。
10年以上ぶりの再会、共演となりました。もう念願も念願!

フィンガーピッキングコンテストで最優秀賞をとったってのは知ってたけど、お願いしてその腕前を披露してもらったら会場がドカンと一気に湧いちゃって!
かっこいい!とか、すげー!とかしか言えない(笑)
演奏はもちろん、トークもセミナーも一緒に盛り上げてくれて…受講生のみんなは健太君のファンになったと思います。
久々に聞いた「エスカレーターラブ」が胸熱でした。

ゆうちゃんも健太くんも、また一緒にやりましょう!


エンディング曲歌ってる時
あと1週間で終わってしまう30代が
こんな最高の形で締めくくれること
そして最高の気持ちで40代をスタートさせられること。
これまでの日々、出会い、別れ、良いも悪いもが走馬灯のように脳内を駆け巡って…
ステージで初めて涙を流しながら歌いました。
音楽で生きてる、を実感できた涙でした。

最高のグルーヴィーナイトをありがとう!
一生の宝です。


ゆうちゃん、健太くん、
手伝ってくれたガールズ、
まっきぃさん、Switchのみなさん(押しまくってすいませんでした!)
そして来てくださった皆々様に心からの感謝を。

次は夏に開催予定!

もうすぐ本番よ!いそいそ。の図。

健太くんおちゃめ過ぎる!


キノコ


アーカイブ

Top