継続という力



もの

富山の実家が経営している「胡風居」(こふうきょ)というカフェは
「 隠れ家カフェ」と呼ばれるように市街地から離れ、
周りに飲食店などない住宅とのどかな田園風景、
そして雄大な立山連峰を臨める場所で
日々行列を生むほど地元や県外からいらっしゃるファンに愛されているお店です。

インスタでハッシュタグ検索したらものすごい量の写真が出てきて
これはたまら~ん!!
本当に美味しそう…。

人気店になるにはそれに相応しい努力と理由があって
まずは美味しいということでしょう(もう何年も食べてないけれど…)!
そして高い金額を払っても、並んだとしてもそれだけの価値があると認知されていること。
そしてこの見た目!一度は食べてみたいし、拝んでみたい!

商品は少しずつ改良を重ねて、厳しく素材を厳選し、
妥協なく、ひとつひとつの質を維持。
そしてどんなに繁盛してもコンセプト(自分のモットー)を守るということ。
これを毎日続けるということ。
インプットとアウトプットを同時に続けるというのはとにかく大変で
ものづくりしている方なら分かると思いますが、なかなかに過酷です。

でもこれ見てると思う。
やはり仕事は「責任」だなと思います。
自分で決めたことを守り抜くも破るも自分次第で
手を抜こうと思えばちょっとくらい分からないであろうに
でもそれをしないという覚悟。
責任感と言ってしまえばそれまでだけど
ここのパフェ見てると私にはまだまだ足りないものが多いなと…。
勝手に叱咤激励されています。

最近、色んなインタビューやライブ映像を見てるんですが
なんか自分のスケールの小ささというか
人としての未熟さとか至らなさ足りなさに
グ~ヤ”~ジ~イ”~~~~!!!
ってなってるので、
ここはプロレス的に、なにクソッ!と立ち上がっていきたいと思います。
そう、石井智宏のように!!!


富山へ行かれることがあったら
是非 胡風居 まで足をお運びになってみてください!

あああああ、食べたい食べたい食べたい食べたい。


キノコ




アーカイブ

Top