キノコ音学校 第2回 大盛況ありがとうございました!



キノコ音学校 第2回 @横浜O-SITE
2/23(土)昼/夜2回公演


どちらも満席にて公演を無事に終えることができました!
本当に本当にご来場ありがとうございました。

関東近郊をはじめ、東北、北陸、信州、東海、関西、九州と
本当に各地から受講生が集いました。
そして昼夜と通して見てみてくださった方も沢山!
(昼公演だけのつもりがあまりに面白かったので夜の予定をずらして
 そのまま夜公演参加して最終の新幹線で帰ったという方も!)
またもやチケット1枚+αの重さを感じながらのセミナー&ライブでした。

差し入れやお花、お手紙など、びっくりする量をいただきまして
「来てくれただけでええんやで~(TOT)」
と思いながら有り難く全部持ち帰らせていただきました。
お心遣いどうもありがとうございます。


出演者

藤本記子/福富雅之(Nostalgic Orchestra)
スペシャルゲスト:田村奈央
ミュージシャン:吉田穣(Gt)/アベノブユキ(Ba)/白川玄大(Dr)



セットリスト(昼夜共通)

曲1 「シンガソン」
でんちゃんとノスオケ
曲2 「キミとともだち 」
ここが凄いよでんちゃん
でんちゃんを学ぼう
曲3 「花の名」
作曲セミナー ノスオケ作曲術
曲4 「We Can!!HUGっと!プリキュア」
曲5 「ハレルヤ」



当初の予定では上記内容で2時間20分だったんですよ…。

時計を見ると最初のコーナーから早速押している。
やっべ、またか…と昼は心なしか焦りがあったんです。
終わってみたら昼は2時間45分。
やってもたー。

O-SITEさんからは「押しても大丈夫」と言っていただいたのもあって
夜はもう諦め…というか開き直りまして(笑)
とことんやってやろうではないか、と!
夜は3時間超えました(汗)

途中でアフロ先生が
「俺トイレいきたい!受講生も行きたいよね?じゃあ3分トイレ休憩!」
と台本にはない展開になり(おいおいおい!)
待ってる間ミュージシャン達がセッションを展開。
会場おおいに盛り上がる!(助かりました!ありがとう!!)


そんな頼れるミュージシャン3名には
前座ボーイズとしてもご出演いただきました。
アフロの無茶振りに、トークも演奏も神対応。
彼らのお陰で今回濃密なライブにすることができました!感謝!



そして今回この方の活躍と成長が素晴らしかった!
スペシャルゲスト、田村奈央さん!!

私達との出会いから、歌っていただいた提供曲を音楽的な面から解説したり
声優になるまでの道のりや、このステージに向けての練習の裏側など通して
みんなの知らない「でんちゃんとノスオケ」の縁や絆の深さを
感じ取っていただけたのではないかなと思います。
彼女に出会ったお陰でギターなどが5本増えてますからね(笑)



今回特に何が素晴らしかったかって歌です、歌!!
大好きな1曲として選んだ「花の名」は本当に難しい曲だったと思います。
それでも何度もレッスンを重ねて、細かいところまで詰めて
この日のパフォーマンスに繋がりました。
鳴り止まなかった拍手が全てを物語っているでしょう。

昼は初めての歌唱だったのもあって緊張から少しずつ気持ちが上昇していく様子が感じ取れました。
そして夜は頭から肝が座っていたというか、のびのびと何のしがらみもなく自由に歌っておられました。
アフロは演奏しながら泣いていました。
私は共演者が泣いたら違うな…と思ってストッパーかけちゃいましたが
解き放たれたでんちゃんの歌に感動していました。

歌がもっとうまくなりたい、好きになった、また出演したい。
その声を御本人から聞けただけでもう大満足なキノコです。


だがしかし、夜の部はさらにトークで彼女の魅力が炸裂し
好きを語りだしたら熱いってのも見てもらえたと思いますが
会話の途中で突然ぶちかましてくるカウンターに会場の空気が一変!(笑)
でんちゃん、やっぱりあなた凄いよ!!


そして今回の目玉、セミナーコーナーではノスオケ作曲術を展開。
ノスオケのモットーである「どこから来てどこへ向かうのか」 に従って
芯のある楽曲の作り方や拘りを、主にアフロ先生に熱く語っていただきました。
ファーストデモを流したり、貴重な時間でしたね。

これが絶対的な成功法ではないけれど
曲作りを頑張ってる人は一度試していただきたいです。
(教え子には強制的に講義でやらせます!)


今回も裏で支えてくれた仲間、スタッフ、関係者が沢山いました。
自分がアーティスト時代からずっとお世話になっている「まっきぃ」さん、
でんちゃんの出演を快く承諾してくださった俳協さま、
私達にゆかりのある大好きな関係者のみなさま(感想ツイート&差し入れ感謝です)、
客席周りや撮影や出演者のサポートをしてくれたガールズ(元教え子)、
そして当日最高の環境をご提供くださったO-SITEのみなさま。

私達のわがままにご協力いただき、心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!



でんちゃん、本当にお疲れ様でした!
次はアコギ弾き語れるようになったら再出演お願いします♫


また後日反省会と題して配信を行う予定です。
反省としてひとつ上げるとしたら、
昼公演で靴を履き替えるの間違えてスニーカーのまま出てしまったことですね。
オープニングで頭下げた時に
「うぎゃーーーーー!!!履き替えるの忘れてたーーー!!」
となっていましてテンションが急降下しましたが無理に持ち上げました(笑)

昼終わってすぐにでんちゃんが「もう履き替えてください」って
私の目の前に靴をちょこんと並べてくれました。

こういう失敗もライブなのです!!きっと…。

最高の時間をありがとうございました!

それじゃー最後にー!
キノコ音学校受講生のみなさーん!
愛してまーす!!!!


キノコ先生




アーカイブ

Top