サウンドデザイナー3月号、ボーカルレコーディング術掲載

2月9日発売のサウンドデザイナー3月号にて、今よりもいいボーカルが録れる7つの要素をNostalgic Orchestraが紹介しています。

表紙と巻頭を飾るのは、2月13日にアルバム『Design & Reason』を発表する槇原敬之さんです!!

あの…槇原敬之さんです!!!!
マッキーです!!!!!

カンゲキーーーーーー!!!!!!!!

シンガーとしても、ソングライターとしても
とてもとても大好きでリスペクトしている存在。
そんな人とこうして雑誌で並ぶ日が来るとか…。

と個人的に感極まっていますが
ボーカルレコーディングは細かいことまで語っていまして
6~7ページ特集していただきました。
宅録頑張ってるみなさん、ぜひ参考にしてみてくださいね。

—————————————————————————————-
サウンド・デザイナー2019年3月号(2月9日発売 )

●表紙・巻頭特集:槇原敬之 ニューアルバム『Design & Reason』の作曲・録音手法をすべて語り尽くす シンガーソングライター槇原敬之が、前作『Believer』から実に2年2ヵ月ぶりとなるニューアルバム『Design & Reason』を2月13日にリリースする。編集部は今回の制作が行なわれた彼のプライベートスタジオ「Jingumae Buppu Studio」を訪ね、作曲・作詞・アレンジ術や、シンセなどのサウンドへのこだわりをたっぷりと語ってもらった。
・16,000字ロングインタビュー
・プライベートスタジオの全貌を初公開!
・楽曲分析「マッキーの名曲を聴くとなぜ泣けるのか?」
・槇原敬之のボーカル録音現場を直撃!
・槇原敬之のボーカルエフェクト術を公開!
・貴重な1992年当時の秘蔵写真を独占公開!

●特集:ミュージシャンの「ボーカル録音現場」を直撃! 人気プロ4組が「歌いやすい環境」を作るノウハウ公開 宅録を始めてまず最初に訪れるハードルのひとつが、ボーカル録音でしょう。ギターやシンセなどはラインで録音できますが、マイクでいい歌を録るには、様々なコツが必要です。実際にプライベートスタジオで本チャンの歌を録っている4人のプロに取材をし、マイクセッティングや吸音対策、モニタリングの方法、喉のケアなどのテクを教えてもらいました。
・JESSE(RIZE、The BONEZ)/GARNiDELiA/wowaka(ヒトリエ)/NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)
自宅で歌をうまく録る7つの要素
・エフェクティブなボーカルが聴ける名盤4選 ゼッド『True Colors』ブルーノ・マーズ『24K Magic』、エラ・メイ『エラ・メイ』、ケンドリック・ラマー『DAMN』
・色彩豊かな現代のボーカルボイスをプラグインで再現!
・ボーカル録音に向いている便利アイテム大集合
・いい音で録れるコンデンサーマイク7選

●特別企画:『劇場版・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の劇伴の制作現場に潜入! 井内啓二(作・編曲家)インタビュー&レコーディング中の現場に潜入 2月15日に全国公開される映画『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』(以下『ダンまち』)。本作の劇伴のレコーディングが2018年11月某日、ビクタースタジオにて実施されました。現場の指揮を執る作・編曲家の井内啓二氏が、曲作りからスタジオワークまでの制作秘話を明かします。

●特選ミュージシャン
・SYU(GALNERYUS) ・ORIGINAL LOVE ・ミオヤマザキ

●宅録アイテムとことん調査隊
・ZYLIA ZYLIA STANDARD ・ゴールデン・エイジ・プロジェクトCOMP-3A Jr

●注目製品/セミナー情報
・リプロデューサー・オーディオEPIC5 ・ソニック・アカデミー・サロン「360°VR音楽コンテンツの現在と未来」 ・NAMM SHOW 2019レポート





アーカイブ

Top