卒業おめでとう!

締切の都合で卒業式には出れなかったんですが謝恩会に行ってきましたー!
たくさんのお花をもらい、ありがとうございましたの言葉をたくさん浴び、
ビンゴでレミゼの円盤をゲットし、お腹もいっぱいになって帰ってきました。

1年しか担当しなかったけど、本当にあっという間でした。
楽しいこともあったけど、心を鬼にして
「そんな中途半端なんやったらもう音楽やめ~や」
と全員に言い放ったクラスでした(笑)
いやだって練習してこないわ、適当やわ…
そんなん言うことはひとつです。
音楽なめんなよ、と。

その後必死になって巻き返したところまでしっかり見届けることができましたが
ここから先は仲間もいないし一人で頑張っていくしかない。
表現とモノづくりの孤独な長旅です。
途中で音楽を辞めてしまう子もいるかもしれません。
でも辞めるギリギリまで、「やりきる」ということが大事です。
自分の決めた人生。親御さんが投資してくれた分も背負ってます。
後悔のないように、全力でやりきれ!!

とうことで卒業おめでとう!!
みんなの活躍を願ってます。

 

 

 

そういやこの前、講師の皆さんでミーティングしたんですが
若者の情熱エネルギー不足が問題になりました。
これかなり深刻でして、酷い時は空気に講義してるような感覚なんです。
返事をしない。反応がない。陽も負もない。
うるさいのも問題あると思うんですが、反応ないのもこれがまたきつくって。
なので何かのきっかけになればと私は終始全力テンションです。
そうなると毎回レッスンの後はヘロヘロフラフラ…。
まぁ彼らの頑張りが足りないのかそんなに音楽が好きじゃないのか
人それぞれ理由はあると思うのですが、
そのミーティングの時に心底思って出かかった言葉があったんですが
空気読めないヤツみたいになりそうでグッと飲み込みました。

 

 

 

 

「みんなプロレス見ればいいと思いますよ!」

 

 

 

 

 


歯でロープを加えて耐える石井智宏!

 

ぼろぼろになりながらも一発入魂でぶつかっていく棚橋弘至。

 

 

ドロップキックの打点の高さがすごいオカダ・カズチカ!
トップコーナーから飛んできた棚橋弘至の脇腹に命中。
トップロープより高いってどういうこと!?

 

 

華やか&かっこいいのはもちろんですが
やはりそこは「プロレスが好き」なのと「相手に絶対負けない」という気持ちがあって
さらに「プロレスを上にあげたい」という覚悟がある。

シングルのタイトルマッチにもなると30分以上闘うわけです。
スタミナやスピードはもちろんですが、どんなに痛くて辛くても諦めずに立ち上がる。
相手の技を受けきった上で相手を超えていく。
どこからそんなパワーが出てくるのか、どうしてそこまでして闘い続けるのか。
あの肉体を作り上げて、力強い技を次々に繰り出すプロレスラーは体だけでなく心も超人ですよ。
もうね、覚悟が違う。

試合を見たらこんなもんか感で生きるわけにはいかないですよ。
今の中途半端なままじゃいけないって思わされます。
あとは試合を組み立てるプロレス脳も大事です。
そうなるとやはりある程度頭の回転の速さや柔軟さが求められますよね。
テンプレートで試合してると「あの選手は次こうきて次ああして」と読めてしまうのですが
それって音楽に置き換えても同じことが言えて。
テンプレートでモノつくり始めたら多分そこで終わります。
ほんのちょっとでも変えていこうという試行錯誤、進化したいという気持ち。

…と長くなりましたが生きる上で大事なことを教えてくれるのがプロレスです!

さ、今度の講義は「みんなプロレス観よう!」からしようかな(笑)

 

 

まとめとして先日オカダを救出に来たら派手に転倒して
エプロンで頭を打ち付け大流血したヨシハシ選手が気がかりです。

ヨシハシ頑張れ!!

 

 

キノコ

 


アーカイブ

Top