青コーナー、チャレンジャー!キーノーコーーー!!!

今年も後3ヶ月を切りました…。
日々時間の流れが早いと感じるのはそれだけ充実している証拠でしょうか。
ありがたいことです。

風邪もようやく終わりが見えてきたと思ったら
その終わりかけがダラダラ続いていて
完治まではもうちょっと…という感じです。
みなさんも気をつけて。今年のはマジしつこい!!

 

 

楽曲提供の仕事を始めてから5年ほど経ちますが
ここへ来てコツコツと積み重ねてきたことが新たなご縁に広がる…
なんて嬉しい流れを感じています。
「こういう案件があるんだけど、だったら藤本さんにお願いしたい」
「これまでの作品のクオリティを考えると、次もお願いしたい」
なんて、ほんとに嬉しい言葉です。

地道にひとつひとつ、仕事を通して築き上げた「信頼」というやつですね。
ただそこには絶対的に欠かせない理由があって
一緒に仕事する人たちがステキな人たちばっかり!ということ。
まずはその人達の期待に応えたい。喜ぶ顔が見たい。

そして頼まれると同時に身が引き締まるというか、プレッシャーもありつつ…。
なにぶんフリーランスは常に生き残りを欠けて日々闘っているので
チャンスを取りこぼすわけにもいかず。
そう、私達はいつだってチャレンジャーなのです!
今日も青コーナーに立って全力でぶつかっていく覚悟!!

カーーーン!!!!(ゴング音)

 

 

 

ということで、先日TDでした。
この前ブラスとベースをレコーディングしましたが、皆様のお陰で素晴らしい仕上がりになりました。
アフロ的今年のベストアレンジではないでしょうか…。

年内に情報解禁出来るかな…。
リリース自体は年明けになりますので楽しみにしててください!

 

 

というこちらのスタジオは毎度おなじみランティスのスタジオ(マジックガーデン)でありますが
いつも一緒に仕事させてもらってるディレクターさんともエンジニアさんとも息ぴったり。
大好きな現場なのでありますが、そこでのもう一つの楽しみが他の作曲・編曲家さんに会えること!

ひとつの作品で関わっていても、完成するまでに会わない…なんてこともよくあるし
(顔を合わさずともデータのやりとりだけで終わってしまう時代でもありますね)
作詞家同士、作曲家同士が同じ現場にいることも、レアな現場でない限りはありえない。

なので、TDに行くとたまたま自分たちの前に作業してた人たちと会えるチャンス!
今日は誰に会えるかな~?
なんてことが楽しみになってくるわけです。

そして今回その再会を果たしたのは作曲・編曲家のラムシーニさん!

キノコ「写真撮りません?」

ディレクターさん「じゃあ僕が撮りますよ」

ラムシーニさん「あ、ちょっと準備してきます!」

全員「準備?」

と言って現れたらジャケットにメガネで前髪を無造作に下ろす…。

ラムシーニさん「ちょっとでもカッコよく見せたいじゃないですか」

な1枚目が上の写真(笑)

 

ディレクターさん「…多分、ジャケットとかない方が良いんじゃないかと」

 

ということで、ありのままで~♪な2枚目。
絶対こっちの方がええやん!!(笑)

もう面白すぎやんラムシーニさん( ´∀`)
関西出身なのでバリバリの関西弁がなんとも心地よいです。
つられて私も喋ってる。

 

 

共通点は関西出身ということだけでなく
ミリオンライブの新キャラ2人の楽曲提供をしていること。
ラムシーニさんは紬ちゃん、アフロダケは歌織ちゃん。
なのでこの前の中野サンプラザの初ステージで度肝抜かれたこと。
素晴らしい歌にただただ感動したこと。
あれが良かっただのこれが最高だっただの、こりゃ朝まで語れるわ~♪

 

 

そしてミリオンはいよいよ週末に765プロとの合同ライブが迫っています。
ある意味、新人の2人はもちろんミリオンメンバーが先輩にぶつかっていく…まさにチャレンジャーなステージ。
ライブビューイングのチケットも買ったし、1日だけ会場にも駆けつけるので
二日間全力で応援したいと思います!

 

 

果たしてどの曲が歌われるのか。どのユニットが見られるのか。

その答えは…トランキーロ!!あっっせんなよ!(・ДΦゝ

 

 

…武道館と言えば過去にプロレスの名試合も色々あったわけですが
あの曲、歌ってもらえたりしないだろうか…。

 

 

キノコ


アーカイブ

Top