キノコのマスターな日々

先週の話。

「歌える声優」を目指して様々なスキルを学んできた学生の最後の講義でした。

私が担当している講義は主に座学で
作詞/音楽とファッションの歴史/業界の仕組み/ライブ活動術…など
座学をメインとしているのですが、
その声優クラスだけは歌を指導し続けてきました。
そして彼らが卒業することによって完全に座学だけの授業担当になるため
キノコ魂を受け継いたシンガーというのはおそらくこれが最後の教え子になります。

今の声優さんは本当にやること、出来なければいけないことが沢山あって
何より第一に声優としての活躍にはじまり
歌(キャラソン/アーティストもの)に、ライブに、舞台に、ラジオにMCに、
グラビアに、コラムやエッセイなの執筆に、SNSに…と
求められるスキルがてんこ盛り。
オシャレでスタイルの良い子も多いし、ビジュアル面での努力も相当です。

でも中でもやっぱり歌の仕事というのは
声優をやっている以上は欠かせないスキルになり
そこから憧れて業界に入ってくる子達も多いのが現状。

で、その歌のお仕事は主にレコーディングが多いんですが
限られた時間内で求められるものを録り収めなければいかんわけです。
キャラソンだと、そのキャラの声で歌わなきゃだし
キャラクターに成りきって歌うってのも大事なポイントで。
そのためには事前にちゃんと仕込んでくることだったり
その仕込み方から教えるわけなんですが…。

ただそういった業界で必要とされるスキルの話は割りと後々の話で
何より「歌う」心構えを最優先にして指導を続けてきました。

講師5年目ですが…
こんなに人って成長するんだ、歌ってうまくなるんだ…
って思わせてくれたクラスでした。
つまりそこにはそれだけ努力してきたってことで
前回の授業で指摘されたことがちゃんと出来るようになってるからこそ
次のステップを踏むことが出来る。
確かな1の積み重ねを1年間続けてきた結果がこの最後の授業に全部詰まってました。

とは言え、まだまだヘタクソです。
声優として業界に入ってもらわねば生かす場所もない。
ここからが本当のスタート。
孤独で辛い日々が始まります。
例えなれなかったとしても、この1年仲間と切磋琢磨した日々は一生の財産であり、
生きていくための力を身につけられたはず。
私も彼らの頑張る姿にどれだけ力をもらったことか。
ほんと感謝しかない。
前向きな気持ちで挑む心を持っていたら
きっとどこまでだって行けると思います。

声優を目指し卒業していった教え子たちには全員に言い続けてきたけど
「現場で会おう!」を叶えるためにお互い精進していきましょう!

 

 

サプライズで花束と似顔絵付きの寄せ書きと
歌のプレゼントをいただきました。

似顔絵に大爆笑したわ!!( ;∀;)
私はともかく、アフロ似すぎ!!

当初アフロ先生はスケジュールに余裕があったら授業時々見るかな…
ぐらいの予定だったけれど
結局ほぼ全部授業に立ち会ってくれました。
そこには「彼らがちゃんと練習してくるから、成長を見せてくれるから」にはじまり
やっぱり可愛げとか愛されるとか…
人としての魅力=人を動かせる力
だったんだなと思います。

 

また「マスター」ってのが良いですね!
彼らの心意気を感じます。

最後の講義は頭痛がするぐらい泣いたので
卒業式は笑って見送れると良いな。
と思いつつ、とりあえず今抱えてる案件を無事にゴールしないと出席も危うい!!!

頑張ります!!!(汗)

キノコ


アーカイブ

Top