キノコ的至福

久々のブログ更新!
入学式・入社式、新学期など…本格的に新生活がスタート!
3月末に開花した桜もこの春の寒さが影響してか
東京ではまだまだお花見が楽しめます。
今週末も桜の名所は混み合いそうですね。

 

ということで私も春の陽気に誘われて
いよいよこのランドセルバッグをデビューさせました!
いや~最高に可愛い☆
ポケットいっぱいあるので収納力も高い!
ただ多すぎてどこにしまったか忘れてしまいそう…。
緑のコートとの相性が最高ですわ。むふふ。

 

 

さてさて先週はとあるレコーディングに立ち会ってきました。
情報公開はまだまだ先なんですが
今回のCAPCOMさんのプロジェクトで2曲作詞と仮歌で参加しました。

豪華なことに、フルパート楽器録りを行いまして
ドラム、ベース、ストリングス、尺八、ギター、そしてボーカルと
すべてのレコーディングに立ち会いました。
なんて豪華なプロジェクト!豪華メンバーなんでしょ!!
作詞家は歌録りには立ち会うことがあっても
楽器録りはなかなか機会がなく…。
本当に勉強になりました!
やっぱり第一線で活躍されてる人たちは違うわ。
当たり前のことだけど、これが出来るのは当たり前じゃないんだよ。
プロの仕事を全身全霊で体感させていただきました。

 

特にシンガーのみなさんのレコーディングは色々と考えさせられるものがあって…。
楽曲がとにかく素晴らしかったので
メロディーと世界観と最大限活かせる言葉のチョイスであったり
シンガーが感情移入できる/感情を引き出せる言葉を模索したりと…
「私だから書けるもの」を目指してやりきりました。
それが形になっていく瞬間を見届けられたのは作詞家として大いに意味があることで。
「なるほど、そんな表現にも繋がるのか…」とか
自分が思ってない方向に行った時は嬉しい不意打ちだったりして。
何にしても歌に命が吹き込まれる瞬間というのは感動的です。

 

そして楽器と違って歌はやっぱり特別で特殊なわけです。
歌モノである以上やっぱり歌が1番大事で、誰が歌うかでこんなにも世界が変わるのかと。
自分のシンガーとしての在り方や
純粋に「もっと歌上手くなりたい…」って思ったりして。

 

何より、プレーヤーさん達との出会いって本当に財産!
初めましてがほとんどでしたが
「お名前よく見かけます!」「キノコさんブログ見てますよ」などなど
向こうが私の事を知ってくれていて恐縮しまくりでした。
業界の隙間で活動しているつもりでしたが
知らない内にこの名前が目にとまるようになってきたのかと。
嬉しさと同じだけ緊張感が漂います。
がんばらねば。

 

何はともあれCAPCOMさんをはじめ
作編曲家の牧野忠義(株式会社SpinSolfa)さんに
「歌詞が楽曲に大きな意味を与えてくれました」
という有り難いお言葉までいただき
もうそれだけで今回は至福の極みです。

いつもステキなご縁をくださる㈱ハーモニクスインターナショナル様には
心から感謝です。

みなさま本当にありがとうごいざました!

 

 

 

 

至福と言えば…こちらもお忘れなく!

声優グランプリ最新号に田所あずささんのインタビューが掲載されてます。
4月26日発売の6thシングル「DEAREST DROP」のカップリング曲で
「残存エレジー」という曲を作詞したんですが
それに至った経緯とか私との関係性とかを熱く語ってくださっています。
ここに全部書き写したい気持ちもありますが
ぜひそこは本誌でご確認ください!

藤本さん作詞、念願叶った

的なことを話してくださっていますが

それはこっちのセリフやーーーーー!!!( ;∀;)

またリリースのタイミングで楽曲や田所さんについて書きたいと思います。

 

 

作ったり書いてる最中って楽しい時もあれば正直しんどいことが多い。
いつだって産みの苦しみです。
でも完成後に自分の仕事を喜んでもらえると
「ああ、生きてるな」
と実感できる瞬間であり
「また頑張ろう」
に繋がります。

 

今もありがたいことにまた数曲まとめてご依頼いただきました。
流れに乗って2017年度も駆け抜けま~~す!

 

 

キノコ


アーカイブ

Top