キノコの作詞論

私が作詞作曲家としての今があるのは
アイドルマスターミリオンライブがあってこそ。

そんな私にとって特別なミリオンライブの専門誌
「ミリオンライブマガジン」が発売になりました!

おめでとうございます!!

 

全キャラクター情報、これまでの4年の軌跡、スタッフインタビューなど
盛りだくさんな1冊です。
ファンにとっても、関わったスタッフにとっても嬉しい内容が盛り沢山♪

 

中でも「おお!!」と思ってしまったのは
ランティスのえいちPさんのインタビュー。

ゲキテキ!ムテキ!恋したい」(作詞作曲:藤本記子 編曲:福富雅之)
の歌詞をコメントしてくださってたこと。
実はあの曲は自分でもかなりお気に入りで
歌詞には特に手応えを感じています。

歌詞はこちら

 

作詞をする時には色々と大事にしているポイントがあるんですが
この曲に関してそれを3つ挙げるとすると

・自分が作った制約の中でどれだけ遊べるか
→例えばセクションごとにおけるお揃いのルール
→韻を踏むとキメた場所は必ず踏む(サビ「ei」で踏みまくってます)

・心情の隙を作る
→常にストーリーとその切り口を大事にしていますが
この曲だと失恋の歌詞を底抜けに明るく歌っているギャップ。
そしてサビの「ちょっと胸が痛むのは 君が好きな私好きでした」のところ。
ここでふと恋への未練や鼻の奥がツンとなるような切なさがこみ上げる。
でもまた最後までテンポよく駆け抜け清々しさでいっぱい。
スカだけにスカッと!(くっくっく)

・歌っててとにかく心地よい/気持ち良い
→これ1番大事ですね!!
よくよく考えてみたらサビでリフレインものは初めてかも…。
その中でよくもまぁここまで遊び倒したな~と。うむ満足!

 

えいちPさんから頂いたオーダーを踏まえ
自分なりに1番いい方向へ形作っていったら
自然とこの曲になりました。

3月のミリオン4th@武道館、どんな風に盛り上がるのか今からとっても楽しみです♪

 

話は変わって…
先日ミリオン最上静香役の田所あずささんのブログを拝見。
香港でのイベントでミリオン幕張公演の「アライブファクター」を流したら
ものすごい盛り上がりだったと書かれていました。

知らない間に曲が海を越え、遠い誰かの元に届いている。
こんな日が来るなんて思ってもみなかった。
私たちに、私たちの曲に、こんなチャンスをくれたミリオンライブにやっぱり感謝しかない。

 

今日はTwitterでSideMのアニメ化のツイートを沢山目にしたけど(おめでとうございます!)
心の中ではミリオンのアニメ化をずっとずーーーと強く願っています。

 

 

キノコ

 

 


アーカイブ

Top