ご褒美

161003_1

春から殆ど走りっぱなしでしたが
ここへ来てやっと制作モノの仕事が一段落。
山を越えたご褒美に一目惚れしたネコポーチを買いました♪
紺と金の組み合わせってなんでこんなにステキなの!!
最高過ぎます!

 

なんと今週はな~んにも予定がない、という状態です。
今年に入ってこんなの初めて!

昔なら何も予定がないことに不安と焦りがつきまとっていたけれど
「これは休んでいいよ」ってことだなと思って
やりたかったことをアレコレやっておこう週間にします。

まずは健康診断と胃カメラ。
そしてコンタクトが合わないので眼科に行って視力検査。
買ったのに読めてない本、聞けてないCD、
サンプルで届いているライブ映像を見て
また制作への意欲を掻き立てますかね。
あとは授業の仕込み…。

ということで自分メンテナンスとインプットで終わってしまいそうです。
こういう時間こそ東京を出てどこか旅行とか行けば良いんでしょうね。
それよりなにより帰省か…。

 

 

そうそう、ご褒美と言えば
やはり仕事で参加したアーティストさんのライブを見に行けるのも
この上ないご褒美なのであります!

ということで
戸松遥さんのツアーファイナルでパシフィコ横浜に行ってきました!

161003_3

逆光なのに無謀な撮影に挑戦。
そしたら戸松さんに多数楽曲提供している仲良しの作曲家さんに
「派手な二人がいると思ったら!」と笑いながら声かけられました。
どうやら目立ってたようです。

 

にしても素晴らしいコンサートでした!
今年アーティスト活動8年にして
ベストアルバムを2枚出された戸松さん。
思い返せば初めて彼女のステージを見たのも、ここパシフィコでした。
それがちょうど5年前だったようで…。

この日見た彼女の歌とパフォーマンスと存在感は
5年前のそれとは別物でした!
分かりやすく「アイドル」という立ち位置で活動されてきましたが
このステージを観る限り立派なひとりの「アーティスト」でした。
ほんと歌が素晴らしかった…。

 

小野大輔さんの武道館コンサートでも思ったけど
今の声優さんってすごい。
ジャンルを越えてます。
声が良いとか表現力はもちろんのこと、
見た目の良さ、華がある、フリートークができる等々。
業界において求められること、高いスキルはもちろん、
やはりその人自体がどれだけ魅力的で
エネルギッシュかってこと。
ここほんと重要。

 

役者の方に教えてもらった言葉なんですが
「シンガーソングライターと違って
役者は自分で台本や脚本を書くわけじゃないから
結局勝負できるのは自分の体しかない。
だからそれにかける覚悟が熱量に比例するんだよね。」
ものすごく納得した瞬間でした。

 

スタッフにもすごく愛されてる彼女。
これからもコーラス、仮歌で彼女の活動に携わっていけたら良いな。
あとグッズの寿司Tシャツが最高にイカしたデザインでした。
「玉子」Tシャツ欲しい…。

 

ライブ後は楽屋挨拶でプレーヤーの皆様と久々の再会を果たし…。

161003_4

ベースの岩切信一郎さんと念願のツートンタッグ!!
彼のベース、すっごい好き!!
いつか作品ご一緒したし。

 

 

ああ、戸松さん可愛かったな☆
カワイイは正義です。

 
キノコ


アーカイブ

Top