13周年ですってよ!

2003年2月26日、デビューラストシングル「名もなき花」でBohBahはメジャーデビュー。
(※デビューラストシングルってのはネットで誰かが書いていて
上手いこと書くな~と今でも記憶に残ってるフレーズです…)

 

自費出版でアルバム出したり、地方ツアーを回ったり、
色んな方からチャンスやサポート、叱咤激励をいただきながら
13年経った今ではアニソン業界で楽曲提供をメインに活躍できるようになりました。
作曲家としては遅いデビューだったけど
こんなに早く、こんなに沢山曲を送り出せるとは…。
また前回のブログでも書きましたが
福富はディレクターとして、またサウンド・プロデューサーとして
一歩踏み出すことが出来ました。

紆余曲折、ものすごく地道にやってきたけれど
今となってはそれが私達らしい生き方だったんだと思います。

 

未熟だったけどあの頃の私達に可能性を見出してくれた事務所の社長をはじめ
デビュー前から今でもずっと応援してくれるファンの人達、
地元の家族や友達、
ミュージシャン仲間…。
辛い時、しんどい時を一緒に乗り切ってくれた人たちが居たから
ここまでやって来れました。
みんなが居たから、報われた時は最高に幸せだったし今はもっと幸せです。
本当にありがとう!!

 

好きなことを仕事にするのは本当に大変だけれど
好きじゃないと続けられないのも事実。

そして私は音楽も歌も好きだけれど
それを通して出会う人達と過ごす時間や
一緒に奏であうことで生まれる化学反応が好きで
ここまで続けてきたように思います。

 

話は変わるのですが先日業界の大先輩とお仕事ご一緒させていただいて
久々に憧れで胸がときめきました。
「ああ、私もこうなりたい!!だからあれもこれも出来るようになる!」
なんておこがましい話ですけど…
でも、憧れは原動力!!
40という年齢が徐々に迫ってますがまだまだ成長中ですんで
もっともっと前に進ませていただきます!

 

ということで…

160226
じゃあ最後に~!
私達に出会った全てのみなさ~~~ん!!
愛してま~~~~す!!

※↑は棚橋選手の決め台詞ですが、写真で私がとってるのは内藤選手のポーズです

※せっかく13周年なのにアフロとツーショットではないですが
まぁ気にしないでください(笑)

 

 

キノコ


アーカイブ

Top