2015年もありがとうございました!

特に掃除もしてない(思い切って色々処分はしたけど)、
仕事が詰まってる、
忘年会もしてない、
誰とも会う予定がない、
お節とか食べないから作らない…
SNS見てるとみんな年末らしい過ごし方をしていて
なんだか羨ましい気もしますが
業界は結構みんなギリギリまでお仕事していて
きっとこれで良いんだと言い聞かせてます(;・∀・)

 

さて、2015年も本当にありがとうございました。

「今年はいい年になりそうな予感がする」なんて思ってたら
これまで以上に良い1年になりました。
常に今が最上級。
来年もそれを更新していける「今」であるように
ひたすら勉強の日々です。

 

プライベートは完全に「プロレス」しかなかったけど
新日本プロレスのファンクラブに入って会場観戦を楽しんだり
選手のトークショーが楽しめる女子会に参加したり
プ女子のお友達が増えたり
小島聡選手やプヲタの田口華ちゃん(元さくら学院)からフォローもらったり
新日グッズもあれこれ購入し始めたり
今年もプロレスなしでは語れない1年でした。
命を燃やし尽くす覚悟でリングにあがる選手の姿にどれだけ力をもらったことか。
しんどい時は試合や選手の姿を思い出して気合い入れてました。
いや~、これは語りだすと長くなるのでこの辺にしときます(笑)…。

 

あとはもうず~~っと仕事でした。
30代で作家に転向した時は不安しかなかったけれど
お陰様で5年でここまで来ました。
特に自分が大きな一歩を踏み出せたのは
アイドルマスターミリオンライブで楽曲提供出来たことですね。
2013年、2014年、そして今年と全シリーズ参加させていただいてます。
作曲家の仕事はクライアントさんからオーダーがあるので
その内容に応える曲を書き下ろすんですが
私は「作りたいものを作る」という思いでやってるので
正直そこにはやり甲斐しかないです。
また私の強みを活かしてくれるようなオーダーをいただけたり
次はこういう方向で挑戦させようというディレクターによる作家育成的なことを
続けていただけたってことが大きな成長に繋がったと思ってます。
もちろんアーティスト時代も生き甲斐や喜びを沢山感じたけれど
歌ってきた曲(ジャンル)とか音楽性とか…思い返すと窮屈してたかも。
デビューした時のスタイルを変えられるチャンスはいつでもあったのに
変わるってことに抵抗があったのかもしれません。
今、伸び伸び自由に曲作っていて
感覚としては今の方が断然アーティスティックです。
変な言い方だけどやっとミュージシャンになれたかなって思います(苦笑)。
20代、生まれ持った感覚と周りのミュージシャンに助けられて
なんとか歌を続けてはこれたけど…。
それは30代直前で限界がきたってことですね。

 

後は講師の仕事も大いに力になってます。
教えるということは最大の学びですね。
座学担当してるのでとにかく仕込みが多い!
作詞のやり方、音楽活動のいろはなんて誰にも教わってないけれど
自分の経験(失敗の方が多いけど)と最新の情報を元に
セルフプロデュース力をつけるためのカリキュラムを作り上げました。
20代の私に教えてあげたいプログラムです。

 

話を戻して…。
ずっとやりたかったアーティストもの。
福富さんがバンドのアレンジを担当したのはかなり手応え感じました。
nano.RIPEの楽曲で3曲参加しましたが
仕上がりも抜群に良かった!!
と、これは私の一個人の感想ですけど、
でも多分今年一番聞いた曲なんじゃないかと。
音に生き様こもってますので是非聴いていただきたい。

 

ひとつの楽曲の仕上がりが、また次の制作案件をたぐり寄せるように
点が線になるような1年を過ごしてきました。
現状維持ではなく、どっかしら挑戦を忘れない。
そしてそれが伸びしろや進化に繋がっていくんでしょう。
地道だけど確実に。

 

そして良い事もあれば悲しこともありました。
歩みを立ち止まらせたのは「人と人のありかた」について。
簡単に言えば人間関係ですね。
ずっと「人」が自分を成長させ進ませてくれたので
縁とか絆とかめちゃくちゃ大事にしてきました。
でもそれが壊れたり、突然なくなったり。
そういう時に怒りとか憤りというものは一切なくて
ただただ悲しい。
でも少し涙を流した後で、これもまた乗り越えるべき壁と受け取って
前へ進むしかないと言い聞かせてきました。
全て愛して、全て手に入れて、全て守っていくなんてことが出来ないことも
痛いほど分かってたはずなのにやっぱり手放せない気持ちがあって
ずっと胸の中がモヤモヤしたこともあったけど、
選んだ先で「これで良かった」と思える日を信じて
今を精一杯生きていきたいと思います。

 

読んでくれたあなた
このブログをいつもチェックしてくれたあなた
携わった曲を購入、聴いてくれたあなた
他愛もないツイートに付き合ってくれたあなた
そこのあなた!!
あなたですよ!!

心からありがとう。
来年もお互いに良い年にしましょう。
2016年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

藤本記子


アーカイブ

Top