革命終焉

2015年11月15日(日)
両国でのオカダ・カズチカ戦を経て
天龍源一郎さんがプロレスを引退されました。
新日本プロレスワールドでの配信で観戦しましたが
昭和の時代にプロレスを見てた元祖プヲタの人たちで埋め尽くされた両国。
会場のコールも声援も男くさく、昭和の香りがプンプンでした。
私がプロレスを見始めた2000年頃
ピークを迎えている選手と比べて
「結構年なのに、おっちゃん頑張ってるな~」と
リング上で戦ってる姿をなんとなく見てた程度でした。

 

プロレスに本格的にはまり
65歳まで戦い続けてきたという事実と情熱に
今はただただその最後を見届けたい。
天龍源一郎をそこまで駆り立てたものがリングにあるのなら
それを知りたい。

そして引退試合の対戦相手に
長らく競い合ってきたライバルではなく
新日本のオカダを選んだこと。
プロレスの過去と未来の闘いを最後に選んだこと。
天龍さんらしくて、そこにもぐっと来ましたね。

 

オカダはあえて技を出さずドロップキックだけで試合を組み立て、
そこに昭和へのリスペクトも感じたし、これからの未来も感じた試合。
もう天龍は立てないんじゃないかと思う瞬間が何度もあったけど
全てを出し切り、最後まで戦い抜いた両者に
3カウント後は私も画面の前で心からの拍手を送ってました。

 

過去に小橋建太さん、井上亘さんの引退興行を観ましたが
その度に「引き際」というものを考えさせられます。
ミュージシャンの場合は
環境を変えながら音楽の仕事を継続していけるけど
スポーツ選手は怪我や年齢などで、いつかは「引退」を迎えます。
確かにそこで「終わる」のです。
その切なさ、淋しさ、残酷さと言ったら…。
10カウントゴングの中、あちこちから聴こえる「天龍!!」の声と
闘いぬいた一人のレスラーの姿を私は忘れません。

 

終わりはまた新しい始まり。
あのハスキーボイスを活かして活動されることも
奥様をサポートされることも
ずっと応援していきたいと思います。

本当にお疲れ様でした!

 

ちなみに今回の興行を通して
他団体所属のいい選手・いい試合を観れたのも結構私得でした♪

他団体が集まっての興行、そろそろやって欲しいな。

 

なんてちょっと熱く語ってしまいましたが
ブログ書いてる場合じゃない!(;・∀・)
もう今週はカオスなスケジュールになってるので
無事に乗り越えられるか不安です。
でもやります。
がんばります。

 

 

 

キノコ

 


アーカイブ

Top