音楽が与えてくれるもの

4月4日・5日と行われたアイドルマスターミリオンライブのセカンドコンサート。
もうめちゃくちゃ行きたかった~~~~!!!!(´;ω;`)

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 2ndLIVE ENJOY H@RMONY!!
先週のブログに書いた
4日は友達のバースデーフレンチ
5日は講師業があって
どうしても行けなかった。

「自分たちの楽しみより、友情の方が大事でしょ」
と言ってくれた旦那様には本当に感謝してます。
自分だって相当楽しみにしてるのにね。
ちょっと見直したぜ。

 

ただ、やはり2年間携わらせていただいたシリーズだし
自分たちの曲が流れるあの感動の瞬間を味わってしまってるので
(去年さいたまスーパーアリーナで歌われた時の感動が忘れられない…)
内心穏やかではいられないのが正直なとこでした。

 

Twitterでプロデューサー(ファンの総称)さん達のツイートを見たら
相当な盛り上がりな上に
機材トラブルがありつつもみんなで大合唱で奇跡のハーモニーが生まれたとか…。
ああああ~~~読んじゃったらもう余計に想いが募ります!!
ちなみに当日のレポが以下になりますので
良かったら読んでみてください。
ついでにセットリストの中から私たちが携わった楽曲もご紹介。

1日目のレポート
12. 君想いBirthday
13. 夕風のメロディー
24. 星屑のシンフォニア
25. Birth of Color

2日目のレポート
06. ジレるハートに火をつけて
25. ドリームトラベラー
26. 空想文学少女

 

今回残念ながらセットリストには入ってなかった
「嘆きのFRACTION」とか「GREEDY GIRL」とか「カワラナイモノ」とか
「君だけの欠片」とか「求ムVSマイ・フューチャー」とか…。
聴きたい曲は色々ありますけど
作詞作曲編曲アフロダケの曲はやっぱり一番聴きたい!
ということで2日目の「ドリームトラベラー」「空想文学少女」は
会場で聞きたかったなぁ。

みんなと一緒に「MIX NUTS」コールしたかったです。

 

楽曲提供のお仕事させてもらって
幸福を味わえる瞬間のひとつがライブで歌ってもらうことです。
会場のあの一体感、輝きに満ちた空間を知ってしまうともう病みつきですね。

 

曲はある時を境にひとり歩きを始めます。
作り手の元を離れ、アーティストさんの歌で命が吹き込まれ
パッケージになって沢山の人の手元に届き
ライブやカラオケで歌われる頃には
アーティストさんの作品となり
私らの場合はそのアニメやゲームの作品のひとつになります。
なんやろう…子を嫁に出す気持ち?に近いのかな(笑)
ライブで聴いた時なんて「こんなに立派になって…」な気分です。

いや~、ほんまにええ仕事をさせてもらってるわぁ。
めぐりめぐる想いのループ。次の曲に込めたいと思います。

 

 

 

150413

はいはい、いきなり陽気な私の写真(笑)。
後ろに居るのは学生たちなので顔はお見せできませんが
3月から携わっているプロジェクトも大詰めを迎えまして。

 

アイマスライブ2日目に行けないのは彼女たちの引率というお仕事でしたが
これまたごっつい貴重な経験をさせてもらいました。

 

私はアーティストとしてこの業界に入り
メジャー&インディーで8年ほどその活動を続けてきましたが
それはそれはもう足りないものだらけで
いつもギリギリのところで踏ん張って続けてきたようなものでした。
8年も続けられたのは仲間とファンの存在があったからに他なりません。

今じゃオリジナル曲制作もライブ活動もしていませんし
今後またステージで歌うことがあるかどうか…それすら未定です。

 

「ステージに立ちたい」「自分が歌いたい」という
そのシンプルな想いがあってこそのシンガーだと思いますが
あんなに強く持ち続けてきた気持ちが
今は楽曲提供やサポートする仕事の熱量へと変わっている自分がいます。

裏方の仕事の素晴らしさを知れば知るほど
アーティストという存在がものすごく尊いものだということに気づきました。
自分たちもその立場にあったこと、
アーティストとして活動できたことは本当に誇れることだし、
そしてそれ以上にやっぱり経験も知識も覚悟も人間の深さも足りなかったなと思えます。

 

そんな自分たちのアーティストとしての未熟さを気づかせてくれてるのが
アーティストを目指して頑張っている学生達です。
自分とは一回り以上も違うし
どこまで自分たちの音楽観や人生観が伝わるか分からないけれど
脳みそも体も心も全力で向き合ってヘロヘロになりながらも
彼女たちの成長の瞬間に立ち会えると
それだけでもうこの仕事やってて良かったなと思えます。

 

素晴らしい作品に出会うとそれだけで生きてて良かったと思うし
同業者の生き様こもった曲聞くと「やられた!なにくそ!!」と思うし
書き下ろした楽曲がクライアントさんに喜ばれると生みの苦しみも吹っ飛ぶ嬉しさだし
何千人もいる会場で自分たちの歌が盛り上がってる瞬間は涙モンだし
下手でも一生懸命やってる若者たちの歌からはエネルギーもらえるし…。

ああ、私は音楽で生かされてるんだな、と思える毎日です。

 

 

久々にこんな長いブログ書いたな。
読んでくださった皆様、どうもありがとう。

 

関わってきたすべての人達に感謝の気持ちと
これから出会うであろうステキな音楽と出会いに胸を膨らませて。

 

私は立派なキノコになります(笑)

 

 

 

キノコ


アーカイブ

Top