若さという才能

150318

3月からずっとやりたかったことに挑戦をしています。

 

私たちも30代半ばにきて、音楽生活も13年目。
まだまだ進化していくつもりですが
自分たちの音楽への想い、経験を通して学んだことを
若い人たちに伝えていくことも考えていかなくては…
と、常々思っていました。

 

とは言え、自分たちがやってきたことが
今の若い人たちに分かってもらえるのか、通用するのか…。
未知の領域ではありますが
伝えていく・教えていくこともまた自分たちにとって学びの連続。

こんなチャンスをいただけたこと、
また柔軟に(面白い方に)発想を膨らませていけるアフロ先生とのチームプレーも、
どんどん広がっていく人の輪も、
久々に「忙しいけど楽しい!」に満ちた毎日です。

 

にしても、若さって才能です。
自分にも同じように10代20代があったはずなのに
気がついたら必死の30代ど真ん中。

今回ご縁があってお世話している若者たちは
スポンジのようにどんどん吸収していくし
それをちゃんと次に活かして成長を見せてくれるんですね。
進化が止まらない!!!

技術的なことはもちろんメンタル面も
そして一番大事な心構えやモラルなんかも
ちゃんと自分たちがお手本になって伝えていかないと。

 

周りに可愛がってもらえる、つまりは愛嬌。
単純に若いということ、つまりは伸びしろ。

経験を積まないとできないこともあるけど
経験がない(枠がない)分はみ出すことに迷いがない。
これもまた若さの力です。

 

4月になるとこのプロジェクトも架橋を迎えます。
支えることの喜びを噛み締めつつ
私も尽力したいと思います。

 

 

さて、気がつけば桜がもう咲き始めて今週末はお花見日よりみたいですね。
春はあっという間に過ぎてしまうので
待ちわびたこの季節を体いっぱい楽しみたいと思います。

 

 

キノコ


アーカイブ

Top