2年目の春

2013年春から始めた講師業も無事に2年目を終えました。
ふ~~~。
長いようで短いようで…でも大変な事の方が多かった分やっぱり長かったかな。
そんな講師業2年目に担当した学生が3月11日に卒業を迎えました。

震災から4年目ということで
被災地のこと、これから私にできること、生きてる今、大切な人たちの幸せ。
様々な想いが巡る中、
こうして若い人たちの晴れ晴れとした笑顔や頼もしい姿を見届けることができて
生かされている今、彼らとの出会いは感謝しかありません。

 

B_ziCDrU8AEjovX B_-ENy1U8AAOnWq150315_1

毎日新聞配りながら学費稼いで通学し続けたこと、

歌で大切な人や東北を応援しようと必死に頑張ってきたこと、

自分のやりたいことと周りの意見に板挟みになって悩み続けてきたこと、

思うように歌えない・曲が作れないことで周りと比べて自信を失くしたこと、

結果が出ないことで伸び悩んだ時期を過ごしたこと、

喉のトラブルを抱えながらそれでも歌いたい一心で治療を続けたこと、

…みんなのことを思い出すと限がないね。

 

どう言えば伝わるか、どう言ってあけるのが彼らのためになるか。
彼らにとって良い講師、良い授業ってなんだろう。
それを考え、悩み続けた2年目の講師業でした。

 

座学が中心だったので「どれだけ飽きずに授業に参加させるか」が一番の課題!
それにはまず私がその授業自体を楽しむことが大切なんで
常にホワイトボードの前でパフォーマンス。

私という人間に興味を持ってもらうことが大事だし
私の熱量を学生の心に届けることが
授業への感心、興味に繋がるんですよね。

威厳とかミュージシャンとしての凄さ…は伝わりにくかったかもしれませんが
一人の人間・表現者としての魅力は存分に楽しんでもらえたように思います(笑)。

 

 

そんな私ですので、卒業式で流れたお祝いコメントも私らしく盛大にやりましたよ!!

150315_3

「みんなと一緒に仕事できる日を楽しみにしています」

 

 

150315_4

「卒業!!!」

 

 

 

 

 

 

150315_5

「おめでと~~~~~!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

150315_6

パチパチパチ

 

場内、歓喜の拍手と歓声があがりました!
他の講師の皆さんにも「さすが!」と喜ばれまして(笑)!

 

 

ちなみに…

150315_2

ミスは許されない1発勝負の撮影。
無事に終わったは良いけど掃除が大変でした。

さ~来年は何しようかな(苦笑)。

 

 

何はともあれ卒業おめでとう!!!
みんなの活躍と、健康と、刺激的な毎日が送れること
そしてまた笑顔で会えることを願って。

ほな、またね!!

 

 

キノコ


アーカイブ

Top