2014年もありがとうございました!

3

毎年「この1年早かった…」と同じことを言ってますが
今年は最速でしたね。
こんな感じで人は年をとっていくのかと…焦りすら感じています。

 

今年、作詞・作曲家としては去年よりも深みのある曲を
生み出し続けられたように思います。
特に作詞に関しては他の作曲家さんの楽曲に
歌詞をつけさせていただく機会が何度もあったので
(まさに今現在もその作詞業で大晦日も奮闘中!)
そういった立ち位置に居られることを有り難く思っています。

 

歌詞に関しては特に大きく影響を受けた存在があって
その世界観や質感をどこか意識しながら綴っているようです。
ただただその方に関する残念な報道があった日から
まともに歌が聞けなくなってしまったんですが
(思い入れが深すぎて泣けてしまう…)
その人がどうのっていうよりも曲や歌詞が私の中の全てなので
今後も私の芯であることには変わりないです。

 

そして今年は講師業も大変でした。
昨年から始めたのですが
今年になって担当の学年が3学年+座学などが増え
「人・アーティストを育てる」という点ではず~~~~~っと試行錯誤でした。
ほぼ毎日通いながらの作詞・作曲家の仕事もあったので
寝てないとか食べてないとか…過酷でした。
でも心身が尽きそうな時に支えになったのは
いつだって学生からの嬉しい声だったり反応だったり。
誕生日には似顔絵付きの寄せ書きもらって
手作りのプレゼントももらって
差し入れとか手紙とか色々もらって…。
全部飾ってあって毎日それ眺めながら生きてます。
彼らに自分も成長させてもらってると…ほんと感謝の日々です。

 

これまで少々余裕がなくてもなんとか乗り切ってこれたのですが
35歳にもなると色々無理がきかなくなるもんでしょうか。
今年は初夏に気管支炎、秋には声帯結節・上咽頭炎になりました。
結節は過去こんなに酷い症状になったことがない!というレベルで
まったく声が出ない日々が続きました。
仕事にも影響出ましたし、それこそ筆談生活でもう不便極まりない!
「このまま声が出なかったら…」という思いがずっと頭に張り付いて…。
でもお陰様で3週間ほどで喋れるようになり
1か月後には歌の仕事も受けられるようになりました。
秋まで本当に過密スケジュールだったので
ほんの少し日程に余裕が出来た辺りの出来事だったので
「これは神様が休めと言ってるんだよ…」と仲間内からの優しい言葉をもらい
ポジティブに現状を受け止めて治療に専念しました。
今思うと人間の体ってよく出来てるなと思います。
そして本当に体を労っていかなくては、と!!
今年は母が病と戦う1年だったのもあり
来年は私も歳女で厄年ですから健康・体調面は一層気遣っていこうと決めてます。

 

にしても、今年は自分の不甲斐なさに凹むことが多かった!!
こんなにも弱いのかと。こんなにも出来ない人間なのかと。
ネガティブな考えが病を連れてやってきたような気がせんでもないです。
というぐらい、ドツボにはまりました。
言霊を信じているのであまりネガティブなことは公言しないようにしてるんですが
どこにも吐出口がなくて…正直なとこしんどかったです。
めちゃ不器用な人間なんで一つのことだけで必死なのに
あれもこれもって…無理よ(涙)!!
って言いたいけど、任せられてる以上は断れない、みたいな。
昔から変わらない自分の性格というか思考というか
そろそろここらで自分を変えていかないとな~と
壁にぶち当たる度に勉強させていただきました!
2015年はもう少し楽しめる余裕が欲しい!
そのためにはもっと時間が欲しい!!(切実)

 

でも!でも!!
時間は欲しいがプロレスにかける時間は削りません(アホ)!!
今年はよりプロレスに入れ込みましたね~。
こんなにハマるとは思ってなかったですけど
しんどかった時を乗り越えられたのはプロレスのお陰です。
今年は1度も会場に足を運べなかったので
来年はどこか仲間を誘って観戦したいです!
ま~ず~は~、1月4日東京ドーム「闘詣のイッテンヨン」を楽しみます!!
私の2015年はそこからがスタートです!!

 

…と、だらだら書いちゃいましたが
振り返ってみたらお陰様で充実の1年だったように思います。
プロレスは確かに自分の支えでしたが
一番支えてくれたのは他でもないアフロです。
身近な人が厳しくしてくれるって有難いな、と。
あと食事や片付けもせっせとやってくれて
私より料理がうまくなってる気がします(笑)!
その調子で来年もよろしくです。

 

さ~2015年、どんな年になるでしょうか。
すでに決まってる仕事もあるので気持ちは前へ前へ。
さらに挑戦の年にします!!

 

出会った、関わった全ての人に心から感謝!
来年もどうぞよろしくお願い致します。

良いお年を!

 

 

キノコ


アーカイブ

Top