G1CLIMAX23 両国大会2DAYS!

130814_1.jpg


新日本プロレス、真夏の最強戦士決定戦【G1CLIMAX】!!

今年も8月1日~11日(大会は9日間)の間で行われました。

Aブロック、Bブロック、各10人。
合計20人が出場。

両ブロック勝ち上がった選手が最終日に両国国技館で行われる決勝大会に進出します。

大会8日目と決勝の9日目はなんと両国2Days!!
両日のチケットは販売初日に購入済み。

そしてニコ生放送もあったので
そちらのチケットも購入しまして(1万ちょっとしたけど安い!)
今年は全日程の試合を観戦いたしました~!!

大会は地方で行われ
開幕戦は浜松(静岡) → 後楽園(東京) → 名古屋(愛知) → 大阪 → 金沢(石川) →
仙台(茨城) → 横浜(神奈川) → 両国で決勝戦!

という流れなんですが…
どう考えても金沢から仙台って・・・遠すぎる!!

最近の新日はどの興行も素晴らしい内容で名勝負の連続なんですよね。
選手もその勢いに乗ってかなり気合が入っているので
連日連戦だと分かっているのに毎回全力での戦い。

最後までゴール出来るんだろうか・・・と最後の方はヒヤヒヤしながら観戦してましたけどね。
(怪我で欠場が二人出ました。本当に残念!!)

怪我や疲労、精神的にも追い込まれて今年もかなり厳しいスケジュールでありながらも
どの選手も限界を超えた戦いを見せてくれました。
観客はもう大興奮だし、会場は大声援と喝采で・・・あの一体感がたまりません。

ちなみに決勝は棚橋弘至VS内藤哲也。
優勝は内藤哲也選手でした!
正直、棚橋を応援してたので内藤が勝った時は頭を抱えてうずくまりました。
そのリアクションが相当面白かったらしく
一緒に観に行った仲間内に散々笑われましたw

でも本当に楽しい11日間でした。
内藤選手おめでとう!
そして全選手の皆様お疲れ様でした。
また次の興行を楽しみにしています。

 

130814_2.jpg

ちょうど前の升席の人たち(8人連れのお仲間さん達)が
偶然にも私と同じ「ワールドプロレスリング」のTシャツを着てまして
もう他人とは思えない一体感が突如芽生えまして
嬉しくて写真撮ってもらいました!!

それぞれに選手のポーズを取ってる辺りが
かなり熱狂的なファンなのが伝わりますね。
・・・いい写真だな(ボケてるけど)。

 

130814_3.jpg

私の一押し、オカダ・カズチカは去年G1優勝したんですが
今年は残念ながら2連勝とは行かず・・・。
でもいい試合でした。どれもこれも。

引き続きIWGP王者としてプロレス界にカネの雨を降らせていただきましょう。

 

ああ、2013年・・・私の夏が終わった。

 

 


アーカイブ

Top