のり旅日記 ②

大阪から戻ってきました。
強行スケジュールでしたが楽しかった!!
 
ひとまず旅日記の続きを・・・。
 
というわけで、初日の広島を後にして、次に向かった先は念願の尾道です!
 

 
車窓に広がる港と島々の景色に胸を躍らせながら
JR尾道駅を下車。
 

 
とりあえず荷物をホテルに預けようと思って
勘だけを頼りに坂を登る登る・・・。
 
今回お世話になる尾道のホテルは山頂にあるビューホテル。
全客室から瀬戸内の景色を眺められるということで
迷わず予約したんですけど・・・。
「きっとあのホテルだ」と建物自体を見つけたはいいものの
明らかに山の頂上。
ホテルへ続く道かどうかも分からず勘だけを頼りに登っていきます。
 
偶然合流した小学生についていきながら
きつくて長い階段や坂道をひたすらテクテクと・・・。
 
息があがるし、荷物が重いし、何度も休憩しながら、まさに登山w
 
でも振り返れば美しい景色が眼下に広がってきます!!
ホテルもどんどん近づいてきた!!!
 

 
なんとか道はあっていた様で、無事にホテルに到着。
汗だく、息切れの旅人を快く迎え入れてくれたホテルスタッフのお姉さんたち。
キンキンに冷えたお茶を出してくれて(めちゃくちゃ嬉しかったです!)
一息ついてからいよいよ尾道散策。
 
ホテルは山頂の千光寺公園内にあるため
ホテルから奥に進むとそこは桜が咲き乱れる園内。
 
まさに桜は見頃を迎えておりました!!
天気も良いし、お弁当を持ったお花見客で大賑わい。
 
そして一番高台にある展望台へ・・・。
 
 

 
わ~~~~~~~~~~すごいすごいすごい!!!!
 
ずっと会いたかった景色!!!!感動です★
 
画像を繋げてみましたが・・・う~んやっぱり肉眼で見ないと伝わらないw
もったいない!!伝わらないなんて・・・。
 

 
島の向こうに、また島。その島の奥にもまた島。
その姿は大河のようでありがながら、尾道には欠かせない空色の海。
そしてその海に浮かんだように向島を目の前に望むことが出来ます。
尾道の町を歩く人の姿や車、海を渡る船もしっかり見える!
雄大だけど、すごく手に取れるように近くに感じる。
今までに見た事のない、感じたことのない風景。
 
しばらく見惚れておりました・・・。
 
 

 
展望台を後にして、「文学のこみち」をくだりながら千光寺へ。
 
カメラを構えた観光客が本当に沢山いて
それぞれに桜や尾道の町を愛でてらっしゃいました。
  
ほんま絵になる町です。
 
 

 
さて、私は尾道にもう一つ行きたい場所、目的がありました。
 
はい、それはもちろんベーグルですw
ある方がそのお店のことをブログに書いてらっしゃって
でも場所までは詳しく書いてなかったから
少しのヒントと勘だけを頼りに捜し歩き回りました!
 
にしても、坂、坂、階段、階段、坂、坂、階段、階段・・・。
 
気がついたら山を下りすぎていたことに気づいて、
もう一度思い当たる住宅街へと登り始める。
 
もう再び息切れがMAXです・・・。
 
と、ようやく見つけました!!!!
捜し求めた「空猫カフェ」!!!!!
 

 
尾道と言えば猫ちゃん。
その猫ちゃんの看板が目印の入り口。
 
味わいのある一軒家をそのまま用いたカフェで
ベーグルサンドやクリームチーズディップなんかで
お手製のベーグルを食べさせてくれます。
 

 
この日のサンドはサーモンのサンドイッチ。
これまた絶品のベーグルでございました!!
この隠れ家的なお店、特に案内も宣伝もしてないにも関わらず
地元の人たちや旅人の知る人ぞ知る穴場的存在で
週末だけの営業らしいですが人気店のようですよ。
 
お店のお兄さんとお姉さんとも意気投合し
せっかくだからとここでも全種類のベーグルを購入させていただきました。
そしたら試作品の餡子入りのベーグルをおまけでつけてくださって・・・。
感激でした!!!
ありがと~~~~~~!!
大事に食べます。
 
 

 
美味しいベーグルでお腹を満たした後は
下山しきって海の方へ・・・。
 
お土産屋さんを巡ったり
友達や地元の人に薦められた「からさわ」のアイス最中を食べたり・・・。
 
「どうせならフェリーにも乗ってみなよ」と、乗り方を教わったので
思い切って向島に渡ってみました。
 
 

 
ちょっとドキドキしながら地元の人たちについて乗船。
徒歩の人、自転車の人、自動車。
次々に乗ってきます。
10分置きの運行で、このフェリーは島の人たちにとっては
欠かせない交通手段。
あって当たり前のものだろうけど
旅人にはあまりに新鮮でドキドキワクワクの冒険でした!!
 
片道60円と超激安!!
 
すぐにまた戻ってきましたが、フェリーから眺める尾道の姿が
また美しくて最高でしたね★
 
 

さて、そろそろ陽も傾いてきたので
ぼちぼちまた撮影をしに山頂を目指そうと山手を目指し始めた時・・・。
 
地元のおばさんに声をかけられました。
 
すごく気さくな方だったので
東京から来たんだとか、これから山頂に行くんだとか
たわいも無い話をして
「良い旅を願ってるわ」と交差点でお別れしたんですが、
それから5分くらいしてかな・・・
別れたはずのそのおばさんが、道路の向こう側で大きな声で私を呼んでるんです!!!
 
ずっと追っかけてきてたなんて、あたし全然気づいてなくて
びっくりしておばさんの所に駆けて行ったら
「せっかく遠くから尾道へ来たんだし、
 おススメの桜の名所を教えておけば良かったと思って
 思い立って追いかけてきたのよ!!」
 
驚きを越えて、本当に嬉しくて・・・泣いてしまいました。
こんな見ず知らずの人間のために
汗だくになって息切らしながら追いかけてきてくれたなんて・・・。
 
心からのありがとうをお伝えし、
おばさんおススメの西國寺へと向かいました。
 
夕暮れの涼しい時間になって猫たちも姿を現しました。
どうやったら会えるんだろうと思ってたけど
普通にそこら中に現れて・・・びっくりw
 
 

そして西國寺。
地元の方が穴場とおススメするだけあって
ちょっと駅から遠い分、人は誰も居ませんでした。
桜独り占めって感じ!!!
 
舞い散った桜の花びらが地面を埋め尽くして
一面桜色の世界です。
 
美しかった・・・。
教えてくれたおばさん、本当にありがとう!
 
 

さ、今度の登りは楽にロープウェーで。
再び千光寺公園へ。
 

ずっとず~~っと憧れていたこの瀬戸内の夕日。
世界が金色に染まる瞬間。
この景色、この風、この空気、そして今この地に居る現実。
 
初めての一人旅。
時間や金銭的なことで迷いもあったりしたけど
やっぱり来て良かった。
この尾道に呼ばれたような気がしてやって来たけど
それは気のせいではなかったと思えた瞬間でした。
ここに、この瞬間に居合わせている自分、
大袈裟だけどこうして生きていることが
すごく嬉しくて幸せなことだと思えて・・・。
 
涙は頬を静かに流れました。
 
誰かと共有するのも良いけれど
この気持ちを独り占めする贅沢も知った。
 
本当に美しい時間でした。
 
 

ホテルに戻るとすっかり陽は暮れて・・・。
 
2日間歩きっぱなしでも意外と元気だったんですが
暑さにやられてちょっとぐったり。
 
夕飯を食べに街へ降りていく元気はなかったので
ホテルにあるベトナム料理屋さんに。
 
ここで美味しいイエローカレーを食べ(スタッフの現地の人で雰囲気も良かった!)
やっぱりこのまま寝てしまうのはもったいなかったので
再び千光寺公園で夜桜を堪能し
また下山して夜の港を撮影して回ったり。
 
バーにでも入ろうかと思ったけど
呑んであの山を登るのは厳しいと冷静に判断し
またゼェゼェと運動不足の体に鞭打ちながら
ホテルへと戻ってきました。
 
本当に良く歩いた1日。
意外に体力があってビックリでしたw
 
書ききれないけど、私にとっても優しくしてくれた尾道の人たち。
そしてこの街。
 
今度はこの景色を誰かに見せたい。
誰かと一緒に来たい、見せたい町です。
 
沢山の感動をありがとう♪


アーカイブ

Top