バレンタインキッス! @のりこ

2007年、年明けから始まったPuresの稽古。
昨日の千秋楽まで、毎日がPures漬けでした。
共に過ごした仲間達との時間・・・
すごく長かったようで短かったようで・・・
深く濃く刻み込んだ日々でした。
たった一人で飛び込んだ世界。
今までは福冨とBohBahとして二人で頑張ってきましたが
一人の表現者として挑戦してみたかった。
出演者が30名。
それも劇場は新宿シアターアプル。750人です。
役者を本業とされている方をはじめ
主演の山崎真実ちゃんはグラビアアイドル、
他にはタレントさん、モデルさん、アイドルの女の子達、
芸人さん、声優さん、そして私のようなシンガー。
それも私のように役者初挑戦の人が何人も居て・・・。
一体どんな舞台になるのか!?
自分はやっていけるのか!?
期待と不安いっぱいで飛び込んだ世界でした。
正直楽しいだけではありません。
30人で2時間半ものステージを作り上げるんだし
やはり想像以上の厳しさがあり
鍛錬と努力と感性と瞬発力・行動力が必要でした。
もちろん音楽にも同じことが必要とされるけど・・・
ステージ上の自己表現でもこんなにも違う世界なのかと、
今だから言えるけど、とんでもない世界に飛び込んだものだと
時にくじけそうにもなりました。
自分の甘さを知ったし、
今までの自分の弱点を知ってて見ぬふりをしてきたけど
改めてそこを脚本家シャトナーさんに指摘されて
言葉もなかった自分。
人前でペシャンコになるまで喝を入れられたのは
いつぶりだろう・・・。
悔しくて悔しくて、涙が出た。
でもそこには期待と愛情があるからこそ
厳しい言葉も投げかけてくれるんだと私は思う。
この1ヵ月半、沢山の人たちとの出会いと
役者という世界に身を置けたこと
心と体をフルに使って体当たりで挑めたこと
本物の役者の演技を傍で体感できたこと
真剣勝負で生きている人たちの生き様を見れたこと。
色んなことが多すぎてここには書ききれないけど
とにかく挑戦して良かったと・・・心から思います。
そして何より私を支えたのは
叶わなかった十数年前のバレンタインの思い出。
「今なら何でもできるかもしれない!!」という勇気をくれた
たった一つの想い。
この先もずっと忘れることのないPureな心。
くじけそうになる度に思い出しては、何度もふんばった!!w
ハッピーバレンタイン!恋するみんなの想いが届きますように。
ご来場くださった皆様と
稽古場でアドバイスやフォローしてくださった皆様、
役者挑戦への素晴らしい機会を下さった伊藤賢治さんと時田貴司さんには
本当に感謝です。ありがとう!!
Puresでのことを生かして、
シンガー藤本記子は大きく飛躍したいと思います。
制服姿の写真、持ってる人募集してますw
とりあえずステージの写真と福冨が携帯で撮った写真。


070214.jpg


アーカイブ

Top